スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修造の嫁も見たかな?……「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」

お笑いマンガ道場のダン吉とエバは絶対付き合っていると思っていたガオー島田です。
なお美の略奪癖はあの頃からだったのだ。

何かと話題の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観に行って来ました。
初放映から10年以上経ってたんですなぁ。
自分はリアルタイムでは無く、ビデオレンタルで見ました。
噂通り確かに面白く、単純に続きが気になり、友人とも盛り上がった記憶があります。
一番感心したのは思春期の少年の描き方で、自我の肥大感とか、自意識過剰であるとか、自己尊厳の喪失であるとか、ガンダムのアムロなんか目じゃ無いぐらいの描写はちょっとした興奮を覚えました。
その後、庵野監督のインタビューを読んだら、監督本人が思春期真っ只中だったようで、正直引いてしまいましたが…。

さて、今回の新劇場版ですが、それら碇シンジ描写はちょっと引いた感じで描かれているように思えました。
さすがに10年、ちょっと大人になったのでしょうねぇ。
今回の“序”は大筋は前作と同じようで、特筆すべき所は無い気がします。
正直、再放送って感じです。
作画を絶賛している方が多いようですが、CGも多様されており、むしろ絶賛するなら演出(絵コンテ)では?と思う次第。
庵野氏が過去に手掛けた、ナウシカの巨神兵・マクロス・DAICONⅣに匹敵するような作画は無かったと思います。

ただ、次作以降は変化していくようなので、再放送でも我慢って感じでしょうか?

あと、庵野監督自身も言っていた、シンジがエヴァに乗る動機が結局変更無しだったのはガッカリでした。
やっぱりあれは無理やり過ぎ。

いくつか矛盾したセリフもありましたが、再構築しているはずなので意図的なものなんでしょうかね?
そう言った意味でも次作以降は期待してしまいます。

点数は期待込みで70点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。