スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きゅうりのQちゃん出た時は♪……「河童のクゥと夏休み」

もしかして「きゅうりのQちゃん」ってローカルな話題なんですかね?とビクビクしているガオー島田です。
ビールがいいね♪

今日は、ピクサーの最新作「レミーのレストラン」を見に行ったんですが、恐るべき行列で朝一回目の字幕版の席が、行列に並んでいる間に無くなりました。
「ふざくんな!」と思いつつ、他の映画館へ行き、ちょうど今の時間観る事ができる映画がないかと探したら……。

と、たまたま上映時間があったので「河童のクゥと夏休み」を観て来ました。
このアニメ映画は、クレヨンしんちゃんの劇場版(特に「嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲」)を監督した原恵一が脚本・監督を務めたことでも話題になってます。
自分にとって話題の原恵一版のクレヨンしんちゃんの映画は、確かに良く出来てはいるものの、絶賛するほどでは無いというのが正直な感想です。
自分自身はドラえもんの絵コンテ時代から原恵一演出の独特さが好きで随分話題にしましたが、それ以後は特に思い入れがあったわけではありません。
クレヨンしんちゃんも大きな話題になってからDVDで見たって感じです。
リアルタイムで劇場へ行ってたら大騒ぎしてたかも知れませんが…。
熱烈なファンとはちょっと温度差がある感じでしょうか。

で、今作。
キャラクターの絵がバタ臭いし、タイトルから受ける印象から全部ストーリーがわかっちゃうじゃん、と正直微妙な第一印象でした。
その後、ネット等で佳作と言う話が聞こえてきて、何とか「じゃあ見てみるべか」ってな気持ちが沸いた次第です。

じゃ、点数を…。
95点で。

-5点の理由を。
作画のクオリティにバラつきがある。
演出で見せるべき所をセリフでしゃべってしまう箇所がある。
不幸の針が振り切ってしまう所がある。

3行目に関しては意味がわからないかも知れませんが「ミリオン・ダラー・ベイビー」を見た時に、あまりに主人公が不幸過ぎて、見てるこっちの針が振り切れてしまったことがあります。
結果、物語のバランスが壊れた感じがしちゃったんですね。

どうにも多くを語りたく無いんで困ったもんですが。

佳作?
笑わせるぜ。

きゅうりのQちゃん

タイアップと言う事で、映画を見に行ったら劇場でもらいました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。