スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は飛びませんね……「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」

魔法が使えたら、赤城徳彦農水相の顔の傷を治して上げたいガオー島田です。
みんなの心の傷も癒しちゃうぞ。(何のこっちゃ)

何かと話題の「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を見てきました。
外国では最終巻の発売とやらで大騒ぎとの事。
ついつい自分もお祭気分で見に行ってしまいました。

自分は原作を全く読んでおらず(立ち読みすらしてません)、原作の理解は全くしていませんが、映画に関してはどれも劇場で見ています。
そしてその映画全てが面白くなかったと、周りの友人・知人には訴えています。(迷惑な人だね)
結構原作通りと言う事で、これまでのシリーズを見ていると、ハリ・ポッターに襲い掛かる危機の大半がかなり無理やりの設定に見えるんですね。
敵が合理的じゃないし、大人が子供だましの手を使って襲い掛かってる印象です。

チェスに乗って危ない!とか、降りればいいじゃん、とか、賢者の石のありかが…(自粛)とか、あのスポーツってハリーのポジション以外いらないじゃんとか、先生はハリーをえこひいきしているとか。
全ての設定や危機がハリーと言う主人公が大逆転するために隷属しているのが目に見えちゃうわけです。

出てくる敵の大半は自分の目的ではなく、単にハリーが嫌いでいやがらせをしている「ちっちゃい」性格の敵ばかりに見えます。
どんな映画でも、どうやって主人公が困難を乗り越えるかってのを描くのは一緒なんですが、その主人公に襲い掛かる危機が非常に不自然かつ安易と言うか動機不明と言うか無理やり悪いというか…。
そう言った所が、物語を作るのが好きだった自分には許せなかったんです。
(もしかしたら、原作には納得がいく説明があったのかも知れませんが)

と、長々とハリーポッター批判をしたわけですが、じゃあ今回の映画はどうなのかと。
びっくりしました。
過去、何度も裏切られてきましたが、今作は非常に明快に敵がいて、その敵の行動原理はちゃんとした大人の事情の元に明快に描かれています。
前作までのようにハリーは特別な存在として描かれていますが、ハリーだけが大活躍する訳では無いのと、特別ゆえの苦悩が破綻なく描かれ、浮ついた大逆転という形にはなっていません。
はっきり言うと、面白かったです。

ハリー・ポッターを面白いと紹介する日が来るとは夢にも思いませんでした。

点数は75点でお願いします。


お昼に駅麺通りで、和歌山らーめんを食べて来たんですが、偶然にも隣の男子高校生二人が映画ハリ・ポッターの話をしていました。
一人は映画を見ていたようで、片方が執拗にあらすじを聞きたがっていました。
でその高校生の感想が「面白い!今まではクソだったけど今回は面白いよ」と断言してました。
隣で「だよね!」と抱きしめてしまいそうになりましたが、何とか思いとどまりました。
(その後、見ていない高校生の方が「ハリーは勝った?」と何度も聞いていたので、こちらは笑いをこらえるのに必死でした…)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。