スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッチでぇーす……「監督・ばんざい!」

さめた仕草で熱く見ろ~、涙求めて笑いなよ~♪
「ふられてバンザイ」を歌っていると思ったら、知らない間に「ギンギラギンにさりげなく」になっているガオー島田です。
モニターの前で熱唱してすみません。

あの北野武監督最新作「監督・ばんざい!」を見てきました。

何かとカンヌで松本人志の「大日本人」と並び話題を呼んだこの映画。
前評判としては、笑える映画なのかな、ってな微妙な期待と、「これまでのキャリアが吹っ飛ぶ」と言うか、「ぶっこわせ」ってな感じの事を北野武本人が言っていたので、その辺も興味があったりしました。

で、見たんですが、ともかく何もかもが中世半端な映画でした。
笑いが普通に笑えたんですが、ちっとも壊れていない映画です。
そう言った意味では前作の「TAKESHI's」の方が壊れていたと断言できます。
下品な部分も中途半端だし、笑いも中途半端、手法もいろいろな物が中途半端で、何ともハッキリしない映画でした。
理解できないほどの難解さがあるならまだ納得できたんですがねぇ。

自分は北野武監督作品の映画が大好きで、第一作目は後輩を騙したりして2回見に行ったりしました。
「HANABI」までは面白かったと思うんですが、それ以降はもう描くことが無くなっちゃったんではないかなと勝手に考えたりします。
よくこの企画で予算が降りたなぁとプロデューサーとかバンダイビジュアルの決断を不思議に思える映画でした。

この中途半端さは、単なる手抜きなんじゃないかと思う今日この頃。

点数は50点ざます。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電脳コイル (2) 通常版

アニメと言えば深夜アニメになってしまった今、久しぶりとも思えるきちんと子どもの目線を意識したアニメ。であるからこそ、良質の童話がすべからくそうであるように、大人の鑑賞にも十分たえうるものになっている。特に本巻収録の第四話の電脳バトル、第五話の女王様っぷり

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。