スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女王はつらいよ、エリザベス知床旅情……クィーン

自分が君主になったら一夫多妻制にします!
それでも嫁が一人もいない可能性が高いガオー島田です。
いやだなぁ、目から流れてるように見えるのは汗ですよ、汗。うっ。

アカデミー賞主演女優賞を獲った「クィーン」を見てきました。
賞を獲ったヘレン・ミレンは演技と言うか、もうそっくりさん的な感じでしょうか?
歌っている最中に横に本物が出てきそうです。
監督はスティーブン・フリアーズ。
「グリフターズ」や「靴をなくした天使」など結構好きな映画が多い監督だったりします。(調べたら、ほとんどの映画見てねぇんでやんの)

元から評判が良かったので期待して行きましたが、期待を上回る出来で面白かったです。
この映画も事実を元に描かれていますが、題材が題材だけにかなり綿密に取材を重ねたようで、シーンによっては完全に事実を再現した部分もあるそうです。
それだけでも興味深く見れますが、それだけでは無く、ドラマとしてもドラマチックで感動できました。
正直、涙腺が緩むような映画とは思ってなかったので、不意を突かれました。

内容は、ダイアナ妃が死んでからの一週間、王室で何が起こっていたのか!?
と、ワイドショーが飛びつきそうな話ですが、決してセンセーショナルにはならず、抑えた演出で、君主・政治・マスコミ等、時にユーモアも交えいろいろと考えさせられる映画となっています。
日本ではそれほどダイアナひーばーって訳でも無かったような気がしますが、もし当時の熱気などを覚えておられたら、もうたまらんぐらい面白いでがんすよ。

客層を見てびっくりしましたが、エリザベス女王と同世代と言った感じの人達ばかりで、中には「髪型同じじゃん!」っておばはんもいました。
若いお客さんは映画ファンと思しき女性・男性がちらほら(自分含めておひとり様ばかり)でした。
若い女の子は興味無いのかな…。

引っ掛かったのは、ブレア首相を美化し過ぎかな?と思えた所。
って、よく知らないじゃん。俺。

ダイアナ妃に興味がある人は必見。
社会派映画が好きな人にも必見。

唸りました。
85点で。
高得点連発気味です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。