スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「L.A.ギャング ストーリー」

ここ数年素人女性とは手すら繋いだことないハードボイルドな人生を送っているガオー島田です。
(かっこいー!)

ジョシュ・ブローリン主演の「L.A.ギャング ストーリー」を観て来ました。



ノワール映画大好きなので当たり前のように観に行きました。
実在したギャングのミッキ・コーエンを壊滅するために公式には存在しない組織の刑事たちを主人公とした映画って感じです。
実在したギャングを描く割にはガッツリとフィクションになっており、完全娯楽作寄りの映画となっています。

ミッキー・コーエンを演じるのはショーン・ペン。
「アンタッチャブル」でアル・カポネをデ・ニーロが演じた事を思い出される演技ですが、映画のストーリー自体もほぼ「アンタッチャブル」と言っていい内容。

演出はがんばっているのですが、暴力の怖さが今ひとつ描かれていない事。
この義憤に駆られたアウトローな刑事たちが結構おっちゃこちゃいに描写されている所もあったり、してバランスとしては今ひとつ。

映画そのものは全然退屈する事無く楽しめたのですが、もうちょっと何とかなったのになーという惜しい感じ。

仲間たちにはちゃんと感情移入できて、「誰も死なないでくれ」と願いながら見てしまうぐらいには夢中になっている自分でした。

アンタッチャブルでも観直そうかなって感じの75点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。