スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「舟を編む」

女子高生がこちらをチラチラ見てくるので俺の時代来たと思って車窓を見たらカミソリ負けで血まみれだったガオー島田です。
思わず「そっちかい!」って突っ込んだよね。

松田龍平主演作「舟を編む」を観て来ました。

辞書作りを題材にした映画と言うことでそこだけでも興味津々でした。

監督は「川の底からこんにちは」の石井裕也。
自分は見てないのでどんな感じの映画を撮るのか全く想像できず。
なんとなく高い評価される若手監督の感じを思い浮かべて行きました。

本編は全く予告編通りですが、予告編よりはバタ臭い感じです。
おしゃれアラサー女さんたちが主な客層って感じでしたが、意に反しておしゃれ感はそこまで強めじゃなくて良かったです。

キャラ造形の面白みがあったのが前半までで、後半は辞書作り部分のオーソドックスな感動が話を引っ張る感じです。
もうちょっと前半部で退屈な部分を凝縮して笑わせれば、後半はもっと感動できたのにと少し惜しい気がしました。

予告編にもあった八千草薫のセリフなどほぼ意味が無いショットだと思ったり、とちょっとした欠点がありますが、全体的には非常に面白く感動した次第です。

途中客が画面を観ていれば気づける部分に説明が入ったりするなども少々気になったりしましたが概ね好評価!

松田龍平・小林薫・オダギリジョーが当たり前のように素晴らしい演技。
そして加藤剛がなかなか良かったです。

いい映画での重要なキャラであるにも関わらず今回も宮崎あおいの良さは発見できず…。
アンチの領域ですな…。

映画は素晴らしかった83点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。