スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クラウド アトラス」

生まれ変わったらベッキーの旦那になりたいガオー島田です。
取り敢えず現世ではあきらめました…。

「マトリックス」のウォシャウスキー姉弟とトム・ティクヴァの共同監督作「クラウド アトラス」を観て来ました。


予告編にわくわくしてたんですが、あまり話題にならず静かに公開が始まり静かに終わりそうです。

原作小説もかなり野心的な小説で、時代を超えた6つの物語がそれぞれにストーリーの違いだけで無く文体まで変えて表現されているそうです。
映画版はキャストが時代を超えて違う役をやっていたり、頻繁に時代を超えて描かれ、少し集中力が必要な映画となっています。

3時間弱の長尺でそう言った込み入った内容なので、眠くなったら困るにゃ~と思って行ったのですが、これがビックリ!
全然退屈せずにラストまで面白く観れました。

それぞれのエピソードは決してややこしかったりわかりにくかったりと言った事は無く、黒人奴隷との友情であったり、社会派サスペンスであったり、コメディであったり、近未来SFであったりとバラエティに富んでいる割にどれもきちんと物語が引っ張るシンプルな面白さがありました。

ただ困った事に頻繁に時空を超えるので、コメディから瞬時に社会派サスペンスに移動したり等、観客が感情の持ち方の切り替えに対応できないんじゃなかろうかと感じました。
私自身は混乱するような物語構造の映画は大好きなので決して嫌いではありません。

キャストが時代を超えて出てくるのですが、そのキャラクターが特に時代を超えても関連性が無いのが残念。
意味があるのかと考えても実はあまり意味が無いお遊び的なキャスティングも多く、そこにもとまどいました。
物語が全編相互に関連があるので大きなテーマに収斂して行くのかと思って深読みしようと考えたのですが、どうも無いような気も…。
(自分の考えが浅すぎてわからなかったのかも知れませんが…)
おぼろげながらよくある人類普遍的なテーマ的な物だとしたら結構肩透かし感が…。

ペ・ドゥナは存在感あり。

野心的な映画なので是非オススメしたいと思いつつも、じゃあ点数高くできる映画かと言うとちょっと違うし…。
難しい80点で。
好きか嫌いかなら好き。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。