スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」

カタログなどでオープン価格という表示を見ると「全然オープンじゃねぇよ!」と突っ込みたくなるガオー島田です。
あの値段の見当すらつかない表記は何とかならないですかね?
ぷんぷん!

勝手に邦題でラストイメージを付けられてしまった「ダイ・ハード/ラスト・デイ」を観て来ました。



言わずと知れたダイ・ハードシリーズの第5弾。
今回はロシアを舞台に親子で大暴れだぜ!

ヒット作の久々の新作で息子が出てくるのなんでだろ~♪

息子の人気が良ければシリーズが続けられるみたいな思惑があるってことかも知れないんですが、多分ファンはあまり望んでない気がするんですよね。
逆に父親が敵みたいな方が面白い気も…(24とか)。

この映画の上映時間はダイ・ハードにしては珍しい98分。
2時間超えレーザーディスク二枚組イメージのあるダイ・ハードとしては珍しい短さです。

実際危機の起こり方はかなりテンポが良く、家族愛描写も意外に少なめです。

ただ全体を観終わった感じとしてはもう一山あった方がダイ・ハードらしいと感じる、なんというかダイ・ハード体感時間から感じる不足感を感じました。
アクション描写もなかなか良かったので特に惜しい気がします。

今回はダイ・ハードらしいアクション小ネタが無かったかなというのも不満。
4.0のラストのハリアー同様、ラストのアクションもやはり少し不満。
前半のカーアクションがよくできてたので特に感じました。

やはり不満多めになっていますが、アクション映画として見るなら充分な及第点だとは思います。

ダイ・ハード基準で見ると不満みたいな所でしょうか?

そんな感じで言うと78点ですかねぇ…?

字幕は戸田奈津子です。
途中の言葉遣いからわかりましたし、設定を無視した感じの語尾や言葉遣いでもなんとなくわかります。
昔よりはマシですが、いい加減設定をちゃんと把握して翻訳して欲しいです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。