スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「北のカナリアたち」

道路のタイルの色違いを選んでステップしてる小さい子がいたら前に立ちはだかって歩けなくして、世間が自分野思い通りにならないことを身をもって教育しているガオー島田です。
涙を飲んで教育活動してます!

吉永小百合主演「北のカナリアたち」を観て来ました。

「告白」の湊かなえと言う事で結構期待していたのですが、どうも予告編の感じや脚本が那須真知子って事、さらに東映60周年と言うのがどうにも引っ掛かりちょっと見ないかもって思ってたのですが、他に今ひとつ観に行く映画が無く、時間も合ったので観て来ました。

正直うーーんって感じでした。

原作の問題なのか、脚本の問題なのか、多分ここで感動するんですという盛り上がりのポイントがある訳ですが、どうもそこに至る物語の重ね方に問題がある気がしました。
ある一人に一番感情移入と言うか気に留めるような持って行き方が必要だと思うのですが、そこが薄く感じました。

役者陣は豪華なのにあまり活かされてない役どころなのも気になりました。

事前にこの映画に出てることすら知らなかった仲村トオル・柴田恭兵の方が演技的見せ所が多かったり…。

謎が謎を呼んでと言う展開っぽいんですが、その辺の焦点もボヤけて感じました。
今ひとつ吉永小百合の冒険の意図がつかめなかったり…、と言うか意図的なのにそれが成功していないと言うべきかも。

テンポも今ひとつで、良かったのは撮影とロケと言う感じでしょうか?

阪本順治の映画って今ひとつハネないなーという事を再確認した感じの65点で。
面白くなりそうな題材なのに…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いいですね!!
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。