スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハンガー・ゲーム」

ちょっと握手会が虚しくなってきたガオー島田です。
終わりのない孤独なマラソンに感じてきました…。

ハァ     ンガーゲィム!という発音が頭から離れなかったので「ハンガー・ゲーム」を観て来ました。

欧米のティーンの間ではかなりの大ヒットとなっているそうで、原作本の方が高く評価されているようです。
シリーズ化を視野に入れて指導したこの映画。
この波に乗り遅れるな!って事で行って来た訳です。

お金持ちが支配する未来で、貧民地区から代表で選ばれた若者が最後の一人になるまで殺しあうという内容の映画です。

予告編で見る限りはこの通り新鮮味が無い荒筋で、これが面白い映画になってるのか?という疑問がかなりありました。

予想より違っていたのは、サバイバルゲーム部分がかなり後半になってからだという事です。

主人公が感情移入しやすいように前の段階がかなりていねいに描かれています。
訓練であるとか、自分を支えるサポートの人達との関係であるとかです。

まぁそのサポートの人たちが絵に描いたようなキャラクター群です。
ここに乗っかるか白けるかで評価は変わるのかも知れません。
例えで言うと少女漫画的なノリと少年漫画的なノリが打ち込まれております。

恋愛要素含めてやはりティーン向けと言っていい内容だと思います。

作り方の上手さに関心はしても、どうもノレないって感じが自分ではありました。

例えば最後のゲームで仲間を作ったとしても、最後に殺しあうのか?とか。
そもそも敵とは言え、次々人殺してますけど大丈夫か?って事だったり。
ゲームのサポートしてる人たちの感情移入の仕方を見ると、そもそもよく殺し合いに向かわせる事できるよなと申しましょうか。

いろいろな設定の部分に「ちょっと待って!」と言いたくなるような内容でした。

そんなモヤモヤが残る65点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。