スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「おおかみこどもの雨と雪」

子供が欲しいガオー島田です!
子供を作る過程だけでもOKです!
下ネタかよ!

もうこれだけ相性が悪いというか、納得が行かないというか、つまらないと思うなら観に行かない方がいいんじゃないか?と考えてしまった細田守監督作「おおかみこどもの雨と雪」を結局観てきてしまいました。


まー最初っからあら探しするような態度で見るわけですよ。

あー細かい所まで演出してるなーとか。
でも結局大きなスクリーンで見るときつい作画だよなぁと。
もちろん手抜きと言うよりバランスも取れているけれど、丸チョンに近い引きの絵で演出されているから余計に気になるなー。

であるとか。

そのバランスの割に車等がCGでグリグリ動いてたり。
湖面の風の演出とかむしろ手描きで表現すればいいのに。
風にそよぐ花を背景画調でCGで動かすなら、ひまわりが微妙に揺れていてもいいのに、とか。

とかとか。


そんな斜に構えた態度で見腐っていた訳です。



ところが!
主人公と言うか主要キャラクターであるおおかみと人との子供である「雨」と「雪」が出てきてからはやられた気分です。

ちくしょー卑怯だぞ、俺が子供演出に弱いの知っていてこんな題材にしやがったな!と(誇大妄想)

そこからは目を潤ませながら「あー子供描写たまらんなー」とニヤニヤ観てました。



ところが…。

どうしてその後の展開に疑問符が。

多分「時かけ」や「サマーウォーズ」にもあった設定のあやふやさが凄く気になるというか、そこ前提じゃないとそもそもこの話のメインテーマが成り立つか成り立たないかという気がするというか。

「その辺はアバウトな気分で流してくれや」って感じなのか。
今回はファンタジーで通せば通るんですが、どうしてもそれが引っ掛かって仕方が無いです。


最後の二つの展開のアンバランスさも気になっています。
正直「え?」って言う展開もありました。



という訳で今回も自分にとってはダメでした。
少々厳しいのかと思いますが、ここまで細やかな演出をするならストーリーの細部にはこだわって欲しいんですよね。


その他技術論として付け加えると、キャラクターの表情はあんまり演出されてないと言う事。
笑顔は全部一緒の笑顔にしか見えないのは、その他のキャラの動きが細やかな演出である結果、バランスが悪くなってしまっているという点です。
まぁそもそもアニメにそれ求めるのが無茶な訳ですが…。
(私はできると踏んでますが)



そんな訳でいろいろと複雑な気分ですが78点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。