スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メリダとおそろしの森」

小さい娘が「樹木」と書いてあるのを見て「いのきー」「いのきー」を連発していました。
横で顔真似してましたが気付いてもらえませんでした。

ピクサー最新作「メリダとおそろしの森」をようやく観て来ました。

今ひとつと言う評判が多数の本作。
日本語吹き替え3D版を観て来ましたが、確かに今ひとつの出来でした。

いつものようにピクサーらしい小ネタが一杯で確かに退屈はしないんですが、本筋である基本のストーリーにどうも感情移入できない。
主人公メリダの自由を望む姿が、そもそも王女って割りには自由に活発にやってるように見えるしわがままじゃね?って感じに見えてしまいます。

その後の本筋の危機もそのわがままさ故に招いた自業自得やんけ、って言う感じの物語に感じてどうも引っ掛かったまま…。

もう少し森での大冒険があるかのようなタイトルの割にはそうでも無いこじんまりした感じなのも残念。

子供の自立とか母娘愛と言う設定と同時に封建的な部分の肯定にも少し引っ掛かったり。
いろいろと消化不良な面が見え隠れする感じがしました。

製作中に監督が交代するなど、どうしても難ありだった感じのするこの映画。
本編前のトイ・ストーリーのその後話「ニセものバズがやって来た」ともう一本のおまけ「月と少年」が大傑作だったのが救いと言う感じです。


っていうか「月と少年」は98点
本編は75点
ピクサーと言うブランドを考えて厳しい点数で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。