スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幸せへのキセキ」

ウィダーインゼリーを完全に飲み干した感が味わえなくてイライラしているガオー島田です。
あの最後ちょっと残ってるんじゃね?的感覚にキィーッとなります。

最近はジミーちゃん似とは言えなくなってきたマット・デイモン主演「幸せへのキセキ」を観て来ました。

監督は自分が大好きな映画「ザ・エージェント」のキャメロン・クロウ。
映画の予告編を観た時には思いっきりストーリーが丸わかりだったので観るのを迷いました。

批評も甘さを指摘している所もあったので、どうしようか?って感じだったんですが、今日は時間が合ったので、って言う消極的な感じで観に行ったんですが、いやー危ない危ない!
危うく見逃す所でした。

やはりキャラクター造形が素晴らしいです。
いろいろなキャラクターが出てくるのですが、みんな愛すべき描写がされています。
そしてテンポの緩急が効いた編集や演出。
音楽の使い方も自分好み。(多少うるさいと思う人もいるかも)

敵キャラ的な人物も音楽含めコミカルに描かれていたりするので、実質的にはイヤな人物は一人も出てこないような映画です。

そこを甘ったるいと感じるか、浸れる要素と捉えられるかで評価が別れるのかも知れません。


少し引っ掛かるのが字幕で、確かにニュアンスで訳され方が変化する単語がキーワードになっているので、難しいのかも知れません。
それでもこの映画、この脚本では統一すべきで、少し頭を抱えてしまいました。

吹き替えとかでどうなってるんですかね?

余計な後のせかと思ったラストもしびれました。


中盤に少し中だるみがあったのは残念でしたが、自分は最高にお気に入りの映画になりました。
そんな88点で。
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「幸せへのキセキ」】

ウィダーインゼリーを完全に飲み干した感が味わえなくてイライラしているガオー島田です。あの最後ちょっと残ってるんじゃね?的感覚にキィーッとなります。最近はジミーちゃん似とは言えなくなってきたマット・デイモン主演「幸せへのキセキ」を観て来ました。監督は自分...

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。