スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライアーゲーム -再生-」

自分が今映画を撮るとしたら絶対芦田愛菜と剛力彩芽だけはキャスティングしたくないガオー島田です。
二人が嫌いだからじゃないですよー。
意地です!

フジテレビにとって優良コンテツなんでしょうか?の「ライアーゲーム -再生-」を観て来ました。

あれ?芦田愛菜ちゃんがキャスティングされてるぞ!

TV放送時代から結構楽しんできたライアーゲームが帰ってきたって事で、前作戸田恵梨香編から二年が経った設定で新たに物語が始まったって感じらしいです。

主演は自分も大好きな多部未華子。
やはり演技がいいですね。
戸田恵梨香よりはキャスティング的には正しい感じがします。
(多部未華子も裏がありそうはありそうなんですが…)

行きはトラックに一人なのに帰りはバスとか、なぜか車が燃えてるけどゲリラ戦でもあったの?と言う工場跡とか、本当に気分とかノリで考えた舞台設定とかがどうにも引っ掛かりました。
ライアーゲーム見てる人はそれなりにいろいろ考えてしまう人だと思うんですが、なぜ単純な突っ込める余地を残してしまうのか…。

本編は椅子取りゲームのみと言う事で広がりがあったテレビ→映画の流れと比較してスケールダウン。
続きがあるって感じでも良かったような気がするんですが、一応シリーズ化を睨んでって感じなんでしょうな。
自分は寅さん的に続けてもいいんじゃないかと思いますが。

誰が考えたのかちょっとわからないキャスティングも疑問。
小池栄子とか要潤とか役者としていいんだけど、何か違和感が…。

更に芦田愛菜も意味不明です。
いらないキャラクターと言ってもいいのでプロデューサーがねじ込んできた感じなのかも知れませんね。
吉瀬美智子でええやんって感じです。
全く子供である意味がありません。
他にも、ただ見てるだけの福永(鈴木浩介)や渡辺いっけいとか「キャスト一新だとまずいよねー」って感じで付け足した感が満載でした。

演出の過剰さとか音楽の過剰さ、画面の過剰さと言う持ち味は健在。

お馴染みの感じようなオチへ繋がるのはさすがに飽きてきた人がいるかも。
ラストはそれなりに上手くまとまったと思います。

そこそこ楽しめたし、シリーズは続いて欲しいんですが、本作はぶっちゃけ見なくてもいいかな?ってレベルでした。
そんな感じで72点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。