スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気づいたらNegiccoが凄いことになってた

元気ですかー!?
インフルエンザのガオー島田です!
元気ですかー!?

映画見に行ける体じゃなかったでーす!



最近友人からも「テレビ出てたね」って言われて、自分も「お、おううん」みたな返しをしたNegicco
もう2年以上現場では見てないNegicco。

2010年末に行われたホリプロ主催の「エリア・アイドルNo.1決定戦 U.M.U AWARD 2010」にて見事グランプリを取ってから風向きが変わりましたね。
(2011年はなんとまなみのりさって言う出来過ぎたシナリオ。)

さんまのからくりTVで替え歌を歌ったり(歌わされたり?)、その他ゴールデンタイムや朝のワイド番組にも出てくる事も。
こちらの地元中京テレビのニュースにもローカルアイドルの代表として出来たりしてまさしく飛ぶ鳥を落とす勢いに感じます。

ただその光景を見て少し冷ややかになっている自分がいました。

確かにNegiccoという「ネギ」を全面に押し出せばインパクトもあってテレビとしても取り上げやすいんだと思うんですが、自分が好きなNegiccoとはちょいと違うなぁという違和感を感じていました。
半素人や地下アイドル達がデビューをかけて勝ち抜きを繰り広げる番組「ヌキ天」をNegiccoは勝ち抜きました。
その番組で求められたものは多分直球のアイドルソングだったと思います。
4週目最後の時まさしく現場でも盛り上がる「完全攻略」以外無いだろうと自分も多くのファンもメンバーもそう思ってたんだと思いますが、まさしくその引っ掛かりのお陰でシングルを勝ち取ったのだと思います。

で出てきたシングルが「プラスちっく☆スター」でした。



私にとってはconnieさんの曲の魅力もNegiccoにとって不可分だったってのもある訳ですが、正直「う~~ん」っていう出来でした。(ちゃんとシングル買いましたよ。)

「ねぎねぎROCK」とかそういうノリでこれから行くのかな?と
ヌキ天ラストのための曲「ネギさま!Bravo」もconnieさん作詞作曲で決して悪い曲じゃないですが、自分が求めるNegiccoじゃないなーという気分でした。

それに加えてのテレビでのネギノリが続いた結果、ライブのチェックもブログチェックも徐々にしなくなってしまいました。
(SKEの握手会行ってたからやんけ、と言われればその通りという気がしないでもないです。)

そしてタワレコが何を血迷ったかNegiccoをPUSHする事になりました。
サブカル臭はするにしてもアイドルはそういったしゃれおつな感じとは程遠い気がしていたので意外に感じました。
そうして出たシングルが「GET IT ON!」。


このシングル買う前にカップリングの「ガッター!ガッター!ガッター!」というタイトルを見てしまい、「あーやっぱりこの路線なんだなー」と思って買わなかったんですな。

で、去年12月にちらりと「GET IT ON!」を聞く機会?動画を見たのか定かじゃなかったりしますが、その機会があってビックリしました。

めちゃめちゃいい曲じゃねぇかよ!


タワレコさんわかってなはる!
Negiccoの魅力はこれなんや!と
何で俺関西弁なんや!と

とそんな熱心じゃない自分が語るとブログ炎上しそうですが、本当に唸りました。

その後第二弾で「恋のEXPRESS TRAIN」


こちらも路線的には自分好みよりです。
この路線は新潟の現場の人にとってはどうなんでしょうかね?

基本はノリが良くて現場で動ける方がいいと思ったりするんですが…。

カップリングの「ニュートリノ・ラヴ」もいいです。


さて、そしてこのNegicco知らない間に「めちゃイケ」のエンディング曲になってます!


あの辺の枠ってのは大手レコード会社がお金払って買うタイアップだと思ってたんで本当にびっくりしました。
タワレコの経営も決して順風じゃなかった気がするんですが、うーんびっくりしました。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。