スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リアル・スティール」

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
テヘペロ。

予告編を見れば本編見なくてもいいんじゃないかってぐらいのわかりやすい予告編でお馴染み「リアル・スティール」を観て来ました。

プラレス3四郎思い出したり鉄人28号を思い出したりしました。
「鉄人勝て!」って命令したら鉄人がどうしようもなくなって自爆しちゃうって友人のネタを思い出しつつ…。

本筋は本当に予告編のまんまです。

ただ細かなディティールはよく積み上げられていて、感情移入しやすく上手く誘導してくれます。
予告以上に主人公はダメ人間だったり、息子はやはり生意気だったり。
そして二人が一緒に行動するのも結構自然でドライな動機になっており、感動作を無理やり演出する形ではありません。(もちろんその設定こそが感動を補強する設定な訳ですが)

非常に演出のバランスが良く、引きの画の多さから人が人を見つめる心地よい感動がメインなのがわかります。
特にラストの決戦シーンによく現れていて気持ちよく感動できます。

ディズニーらしい決して下品にはならない不快にならない設定の上手さにも感心します。


不満点としては途中勝ち上がっていくシーンが端折られている所でしょうか。
観客が最も快楽を感じる部分を数十カットと音楽で終わらせるのは惜しい気がします。

ラストの余韻が残る感じもいいのですが、そのラストの描写も違う方が良かったかな?と思ったり。

それでも安心して見れるよく出来た娯楽作である事は間違い無いので80点でお願いします。

予告編で見た「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」が素晴らしすぎて泣きそうでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。