スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「女王の教室」から「家政婦のミタ」へ

映画館の前まで行って確かめたら目的の映画が上映してなくて、別の映画館と勘違いしていたガオー島田です。
こ、これが年齢を取るって事なのかとマジ凹みです。

ギリギリだったのでもちろん時間に間に合わず。

気づいたら見たい映画が続々と終わっている始末。
ヤーン(・ω・)ヤーン。

本屋をふらついた後、引越し先調査へ行って少し資格試験勉強をば。

で現在ようやく話題のドラマ「家政婦のミタ」を第一話から観ています。

視聴率が23.5%を記録したり何かと話題になっていたのでようやく重い腰を上げて見始めました。

脚本が「女王の教室」の遊川和彦、かつ映像イメージがターミネーター的家政婦と言う事で完全に「女王の教室」パターンだろうと思って予想していたのですが、本当のそのパターンでビックリしました。

が、脚本の伏線の張り方などやはり巧みで良く出来ています。
第一話の感情の爆発の仕方も素晴らしく、涙もろいおっさんの自分も感動してしまいました。
その緊張の緩和もちゃんと笑いになっていて面白いです。
「んな訳ねーだろ!」って所も笑いに転化して上手くドラマに溶け込んでいて巧妙です。

まだ第3話までなので今後の展開が全く読めない状態ですが、ヒットするのがわかります。
日経エンタには社会派ドラマと書いてありましたが、現代人の諸々の問題が遡上に上がりいろいろ考えさせるドラマになっていると感じました。

これは後半部まで伏線引っ張るのかとおもいきや速攻で展開したりする驚きもありまして、次週の予告編を見ながらワクワクできる久々のドラマだなと楽しんでおります。

一つだけ気になるのが、希衣役の娘が子役子役した演技です。
泣かせどころのキーポイントになりやすいので結構気になります。
う~ん…。
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。