スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

せめてCan you speak English?とか言え

なぜか外人から普通に英語で道を尋ねられるガオー島田です。
ちっとは日本人に伝わるような努力しろ!
これだから白人は…。(重大な差別発言)
しかし、なぜ私に聞くんでしょうか。
うーん。まゆげが繋ってて濃い顔だからか!?

「アメリカ人監督が撮った邦画」と言われ、何かと話題の「硫黄島からの手紙」をやっとこさ見てきました。
二部作の片方である「父親たちの星条旗」に対して事前バレなど含めよく出来た退屈な映画と言う感想を持った私ですが、今作は非常に面白かったです。
正直、「父親たちの星条旗」見なくてもいいや、と暴言できるぐらいです。
どちらも壮烈な戦争描写がありますが、さすが国力の違いからか日本を舞台にした方が絶望的でスリルも違い面白かったです。
ポール・ハギスの「クラッシュ」が好きなら、こちらの方がハギス色は出てるように感じました。(脚本はアイリス・ヤマシタですが)

やはり事実を元にしている為か、単純な興味としての面白みがあります。
これを映画の評価として加点しちゃうのはどうなのかな?と考える事があります。
ただしかし、映画を作るときに得られた情報を取捨する判断をした結果の決勝が、この作品として成り立っていると言う事で、評価しちゃってもいいかな?いいとも!と判断いたします。

ジャニーズ故、いろいろ言われていますが二宮和也の演技が素晴らしいです。
ただ絵面としてはやはり童顔であるのがちょいとネックかな?と。
シナリオ上、得な役と言う面もありますが、充分評価に値する演技だったと思います。

点数は75点。
点数つけるのって難しいっすね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。