スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ステキな金縛り」

好きな佐々木は功と即答するガオー島田です。
「真っ赤なスカーフ」熱唱中。

三谷幸喜脚本・監督作「ステキな金縛り」を観て来ました。

近年の三谷作品は絶不調という趣きで、もう才能枯れちゃったのか、そもそも元々そんな大層なものでも無かったのか、今ひとつの作品が続いています。
本作はなかなか人気があるのか、SKEメンバーがやたら観に行っていたので少し洗脳されて観に行ってしまいました。
なんだかなー。

結論から言うとやはりイマイチな出来でした。

オープニングのバナナから本当に意味不明な描写があって理解に苦しみました。
物語の構造上何かあったり伏線だったりするのかと思いきや全く関係無いままという小道具も多めです。

ただ感動できそうだなーって言う設定はかなりありがちながらきちんと描かれていたりします。
ただその感動部分も冒頭からある程度予想できてしまうと言う、かなり教科書通りだったりします。

普通に考えて裁判で証人が幽霊ってどう転がしてもコメディとして面白くなるのですが、完全に活かしきってるとは言い難い出来。
三谷幸喜ってもっと面白かったよね?と井戸端会議がしたくなる仕上がりにガックリの私であります。
もっと見える見えないでネタが盛れるのに、と少しイラッと来る所も。

設定含めもっとガッツリしておけば、笑いも倍加するのになー、設定がもったいなさ過ぎてもったいないお化けが出るレベルです。
西田敏行の芸達者な部分に救われた部分もいくつか。

とボロクソ言っていますが、それなりに楽しめる、のかなぁ?
う~~ん…。

お客さんはそこそこ笑ってました。
自分も吹き出した所が無いとは言わないんですが…。


深津絵里と梶原善が素晴らしかったとだけ書いておきます。

全盛期のようなシナリオは書けないと言う事なのかと批判しながら63点で。

明日11/20はSKEの握手会なので早めに寝ます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。