スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」

人生で一度もキャプテンと呼ばれた事が無いガオー島田です。
それがどうしたっちゅう話ですけどもー!

先日ようやくDVDで観た「遠い空の向こうに」が唸るほど面白かったジョー・ジョンストン監督作「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」を観て来ました。

ニューズ・ウィーク誌の批評では大絶賛という事で期待して行ってきた訳ですが、その期待通りよく出来たアメコミ映画でした。

近年のハリウッドのヒーロー物映画はダークで正義と悪の相対的価値感とかで暗め、且つリアリティのある物が主流ですが、こちらもその主流映画の一つ。
ヒーローがいるリアルな社会描写がSFマインドだったり社会派映画マインドで描かれているのが面白いので大好きなジャンルだったりします。

このキャプテン・アメリカは舞台が第2次大戦中、敵はナチスドイツと言う事で毛色が違う感じです。
面白いのはヒーローがいる軍隊と言うアプローチ。
国がヒーローを利用する社会性である所などが上手く主人公の困難として描かれ興味深いです。

欠点としては冒頭からの主人公の必死さに感情移入できない所、友人のドラマ部分、軍隊の精鋭部隊描写などなど。
ただ最初の事件などでキチンと感情移入しやすくされていて上手くドラマに乗っかる事はできます。

戦闘部分がダイジェストで描かれている部分もあり、贅沢な作りだなーと思った反面、今ひとつ戦闘アクション部分の記憶が無いなど、派手なヒーロー物を期待すると肩透かしを食らうかも知れません。
単なるアメリカ万歳映画では無いですが、アメリカ万歳が嫌いな人も要注意。

ラストにはウルトラ兄弟勢ぞろい的な2012年夏公開の「アベンジャーズ」の予告編もあります。
それ見るだけでもワクワクしたり。

欠点もあるけど面白いよの78点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。