スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」

王道のエメマン派のガオー島田です。
忘れた頃にネタにしようと思ったらまたCM始まっちゃって台無し…。

みなさんも気になっているでしょう、そうあの超大作「世界侵略:ロサンゼルス決戦」を観て来ました。

批評でもよく書かれている通り、SF映画と言うより軍隊映画でした。

宇宙人侵略モノであるにも関わらずあまりSF描写が少ない映画なのでそこが注意が必要です。

しかも予告編で観た印象より宇宙人達の描写は多くありません。
かなり絶望的なシチュエーションで始まるこの映画ですが、あんまり人類がやられて死んだりぶっ壊れたりする描写が無かったりします。
そこも期待してる人はガッカリ来るかも知れません。

じゃあその軍隊映画としてはどうか?と言うとこれが中々熱い映画となっています。

「おまえらは本当のバカヤロー達だよ!」と言いたくなるような奮い立つような熱い展開がキチンと用意されています。
本編自体も軍隊としての過去であったり作戦であったりに力点を置いて描かれているので、映画で言うと「宇宙戦争」では無く「ブラックホークダウン」みたいな映画です。
そして宇宙人の強さも宇宙人だから強いと言うより軍隊として強いと言う描写になっています。(これはネタバレか?)

アクションシークエンスとしても上手くどうしたらええねん!みたいな状況に追い込まれてかなりの手に汗展開になっています。
アクション映画として見るならかなり面白い映画だと思います。

自分自体が軍隊アレルギーって程では無いにしろ軍隊的なものに魅力を感じないからなのか、それとも描写が下手なのかはわかりませんが、前半部には今ひとつ感情移入できませんでした。
もうちょっと入り込めれば、仲間が死んだりした時にスリルや悲劇を感じたかも知れないんですけどねー。

何に期待しているか?でかなり評価が別れる映画だと思いますが、閉鎖的に追い込まれた小隊の映画として見れば上手く描けている映画になっていると思います。

予告編はもうちょっと考えて欲しい78点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。