スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」

大気の状態が不安定なので、自分の状態も不安定なガオー島田です。
ブログサボり気味です。

NMB48の全国握手会@名古屋行ったり、珍しくこの間に2回もSKEの公演当たったりとバタバタありました。
(仕事が忙しい時期に公演当たるっていう神様意地悪展開)

シリーズ完結編「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」を観てきました。
もちろんアズマックスIMAXシアターです!


一作目から批判ばっかりして来たこのシリーズ。

逆に一作目から作家のJ・K・ローリングが成長したのでは?(JKって言っても女子高生ではありません。)
と思えるぐらい話自体もある程度ダークで決して主人公が勝って超気持ちイイ!という安易な展開にはならなくなってきているこのシリーズ。

本作も最終章の後編と言う事で、それなりにハリーたちは苦労してがんばっていました。
前作は前後編にするために水に薄めたような間延びした感じでしたが、本作はいろいろな危機シチュエーションがあり楽しめるようになっています。
主人公達が次に何をすればいいのかっていうルールが明示されているので観客も戸惑う事無く物語に乗っかれるのもいい所だと思います。

あと今回は「戦争だ!」って感じのシチュエーションでそこも燃えポイントです。

ただ自分が理解していないのか、所々「ん? それで解決したんか?」って言うような展開もありました。
分厚い原作を映画にしたんだから仕方が無い部分かも。(って前作は水で薄めた間延び感満載の映画でしたが)

前作は途中であきらめた3Dでしたが、今回はちゃんと3D。
ただ3Dを活かしきれているか?っていうとそうでも無いというか、3Dの意味はあまり無い気も。


パイレーツ・オブ・カリビアンは見なかったけどハリー・ポッターは何だかんだ言って最後まで観てしまいましたね。
キャストの魅力ってのもあるのかわかりませんが、自分もなぜ最後まで見たのか不思議です。
シリーズでは欠点少なめの最終章で75点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。