スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

例のグループの話とか

6月25日土曜日SKE48チームKII「手をつなぎながら」リバイバル公演1回目に行って来ました。

本当に久しぶりにちゃんとした形で公演に当たりまして、どれだけガッツポーズした事か。
しかも番号3番でした。

2月から始まったリバイバル公演。
チームKIIは未だにオリジナル公演が無く、お下がり公演を続けている状態です。
オリジナル公演をやると言ってから一年以上。
今年の元旦に2月15日からと発表されたのですが、2月になると3月に延期となり、更に延期が発表され、以後無期延期状態となっています。

先日、世間でもかなり注目されたAKB総選挙が行われましたが、SKEからは松井玲奈・松井珠理奈・高柳明音・須田亜香里・大矢真那・秦佐和子の6人が40位以内に入りました。
中でも23位に躍進したチームKIIのリーダーでもある高柳明音が、チームKIIメンバー・ファンの気持ちを代弁するかのように「公演をやらせてください」という悲鳴にも似た訴え(大矢真那ブログより)をして、それを見た私も滝涙のようになってしまいました。(入れ込み過ぎ)

そんな高柳明音含む異様な熱気が今のチームKIIにはあり、BUBKAじゃないけど圧倒されてしまいます。

私自身にとっても「手をつなぎながら」公演自体が神公演なのでテンション上がりました。
整理番号2番の人がロッカーに荷物を預けに行ったので実質2番。
あぁ最前ど真ん中(と言える席はふたつあります)に座らせてもらいました。

ステップの音が直に聞こえる興奮と、向田茉夏の膝小僧についた銀紙をガン見して楽しみました。

その日のその回は佐藤実絵子の25歳の生誕祭と言う事で「この胸のバーコード」では生誕委員さんが配った3本の白いサイリウムを思いっきり振って来ました。

さすがに最年長メンと言う事でネガティブな泣き言は言わず前向きで力強いコメントでした。


※その日の2回目は矢方美紀の生誕祭が行われ、こちらは過去の苦悩を伺い知れる内容で、配信見ながらナイアガラ級の滝涙でした。女の涙に弱すぎや。



6月27・28日はSKE48全国ツアー「真夏の上方修正」名古屋を観てきました。

開場は地獄のZeppNagoya。
今回は見えるポイントが見つかったおかげで、二日間ともそこそこ見れる事ができました。

いつものSKE48のコンサートと言うと3時間の長丁場かつ、寸劇があったり、ユニットシャッフルがあったり、1回目と2回目で内容を変えたりとサービス満点だったりするのですが、今回は公演とコンサートの中間のような感じでした。
ユニットはオリジナルのまま、2時間強、寸劇無しという事で、内容的には物足りないながらもZeppの立ち見って事であんまり期待して無かったんですが、やはり見れればそれなりに楽しいんだなと実感。
寸劇の変わりなのかSKE48の冠番組「イッテ恋48」のセットで前説がありました。

初日はチームSとチームE、二日目はチームSとチームKIIという形で、全国ツアーも二チームごとで廻る形式。
初日はニューシングル「パレオはエメラルド」のカップリング曲で白組の「ときめきの足跡」を披露、そして赤組はPVの披露、二日目は逆に赤組が「パパは嫌い」を披露、白組がPVを披露という形でした。
ここらへんがサプライズって感じです。

自分は後大阪の昼夜2回を観に行く予定です。
その後、東京の握手会に行くんですが、どうやって予定を立てたものかと苦悩しております…。
どこでもドアちょーだい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。