スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さや侍」

脱いだら逆の意味で凄いガオー島田です。

松本人志脚本・監督作「さや侍」をついに観て来ました。

今回は時代劇。

しかもいくつか評判がいいと言う評判を聞きました。
美川憲一のマネをしてるコロッケのマネみたいな微妙な感じですが。

予告編やTVCMがちょっと出しすぎているので「実は感動作」臭をぷんぷんさせていて素直に楽しめばいいのかと複雑に考えてしまいました。

主演の野見隆明が素人という事で、これまでの松本人志のコントなどでも素人にいろいろやらせる事で引き出される笑いみたいなものが今回も物語の骨子となって繰り広げられる感じです。

ストーリーが笑わなくなった殿様の息子を笑わせる、といった物ですが、その笑わせようとする笑いの水準がどこにあるのかが見る側が戸惑う感じになります。

劇中にその素人である野見というおっさんの不器用さから来るアドリブ的な笑いと、大掛かりな仕掛けをエンジョイって感じで楽しむ水準の笑い。
それらは同一線上で語られる笑いじゃないので、物語に於いてその笑いはその当時の人にとっていい線行っていると考えていいのか?という点があやふやで、見ている側が非常に不安定に物語を飲み込まざるを得ない訳です。

それだとせっかく最後に向かって物語を語っているのに威力が減殺されちゃうんですな。

鉄板である天丼笑いも「しんぼる」と同様、暗い映画館で見ている客の私たちには非常にテンポが悪く冴えない感じになってしまうのも相変わらずです。

きちんと面白い部分と、異様に下手くそな笑いが混在するので更に物語を追う事に混迷してしまいます。


その他、最後の物語に向かう泣かせの描写も、普通の人の感覚から言うと「え?」って言う違和感が残る描写が多かったです。

単に演出が下手って言うのもありますが、例えば客が増えていくという描写が入場札が増えて行くことで表現されているんですが、実際の客の数では全然違いがわからないと言った具合。
主人公に対して無責任な客が見世物的でも増えて行ってそれがやがて応援にって言う王道じゃダメなんですかね?
と言うか、そう描いたつもりなんだと思いますが。


もっと大きな根幹に関わる欠点もあるのですがオチに関わるので詳しくは書きません。
ヒントを書くと公式の松本人志インタビュー「何かに一生懸命ジタバタしている主人公」が描きたかったという箇所です。

物語上の盛り上げのためのおかしな箇所も数カ所あります。

さらに普段の松本人志ならコントでネタにするような演出を堂々としていてビックリしました。
数カ所シリアスに描きたいんだろう場面で「ここは笑う所か?」と感じる所がありました。
(実際最後の方で一部お客さんが笑っていました。)

・殿様の息子に見せるためなのに客を楽しませるような位置で始める主人公
・カメラアングルの緊張感の無さも
・子役や芸人の演技と主人公の演技(特にセリフ回し)のアンバランスさ

などなど今回も欠点を書くと止まらないというレベルの作品となっていました。
普段の松本人志なら突っ込むんじゃないのか?という穴が多いんですが、脚本協力した構成作家陣は指摘しなかったんですかねぇ?


所々に「こう描くのか?」と感心する所が無いでも無いんですが惨敗って言っていいと思います。

そこで色を付けて60点で。
松本人志という才能には厳しく。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。