スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪魔を見た」

道端ですれ違い様「天使を見た」と言われる神々しいガオー島田です。

またうそつきました。


イ様主演の「悪魔を見た」を観て来ました。

最近何かと元気な韓国映画。
「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン監督作ながら、某稲垣メンバーが「1位か最下位」「凄惨な描写が続く」みたいな事を言っていたので期待して行って来ました。

近年の評価が高い韓国映画は結構猟奇殺人関係が多く、この映画もその猟奇殺人関連。
全く前知識無しで行ったので、最初の方で殆ど終わりじゃないか?とヒヤヒヤしましたが、そこからが本番と言う感じで2時間24分を全く退屈せずに見ることができました。

ところどころで「痛そうー」って感じでしたが、正直個人的には韓国映画のこういった感じにはちょっと麻痺して来ました。
それなりの個性はあると思いますが、もうちょっと違う触感を感じれる映画がそろそろ欲しいところです。

そう言った意味ではやはり「母なる証明」つまりポン・ジュノがずっと前を走ってる気がするんですぁーな。

もう一人の主役であるチェ・ミンシクは「オールド・ボーイ」の主役でもありましたが、映画の雰囲気と言うか読後感も似ている気がします。
ひたすら暗い。
(坂本順治の「トカレフ」を観て「映画はこんなに暗くてもいいんだ」と思ったらしいです>パク・チャヌク)


描かれているテーマもそんなに目新しい物では無いかなーと思いました。

即物的なスリルはあるんですが、批評としてはあんまり高く評価できない感じです。
バイオレンス好きの自分にもちょっとした空虚感と言うか物足りない感があるのはその辺だと思います。
イ・ビョンホン使ってこんな血みどろ映画撮ったって事だけでも評価できるんでしょうけど…。
(イ・ビョンホン主演と知らずに行ったので、劇場におばはんだらけでビックリしました。)

期待し過ぎたってのもあるんですけどね。

もうちょっと期待に応えて欲しかった75点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。