スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PS3壊れた

底が硬いブーツ履いてたら足が平らになってしまったガオー島田です。
フローリングの床だと足と床の間が真空になりそうです。


日記です。


実習の兼ね合いで金曜日が休みでまたしても3連休なのですが、またしても映画は見れそうにもありません。
近所の集まりとかいろいろ大変なんっすよ。

免許はようやく更新して来ました。
知らない間にいろいろ法改正があったんですねぇ。
中型免許とかICチップだとかちっぷんかんぷんでした。(捨て身のダジャレ)

まだやる事が残っててどうにも羽を伸ばしずらい状況です。


と言いつつ、本日はSKEの研究生公演に行って来ましたが…。
現在研究生は10人ですが、出られない人もいる結果、SとK?から補充して16人での公演。
自分的にはなかなかいいメンツが揃っていて最高に楽しめました。
先月は一回しか当たらなかったわけですが、今月はこれで3回目って事で毎月これぐらい当たるといいんですがねぇ。
つか働き始めたら平日は行けそうにない訳ですが。


友人とかから「大阪はどうだった?」とかちょっとSKEを知ってる知り合いから「チームEはどうだった?」みたいな話を聞かれました。

チームEの公演は2月8日に二列目で観て来ました。
さすがにAKBにおいて神公演と称えられる公演で、いいメロディーの曲が多い事や、凝った構成の曲が多く面白かったです。
実際は公演見る前にDMMの配信で一回見てしまいましたが…。

MCに関してはまだまだって事で半年ほどしたらキャラクター付なんかも出来て楽しめるようになるんだろうな、なんて考えたり。

それにしても公演当たらなくなりましたねぇ…。
現在は10倍ぐらいらしいですが、そう考えると今月は当たってる方ですが。
来月にシングルが出るので、また頭を抱える事になりそうです。

そのシングルですが、ナチュラルに複数枚予約してしまいました。
人気メンバーの握手は3次申込まで落選し続けました。


で、大阪の感想も。

実は先月お正月1月3日にNMB48の公演「誰かのために」を観に行って来ました。

ともかく劇場が素晴らしかったです。
全席座席ありで、しかも傾斜があり、どの席でも人の頭で見れないなんて事は無く、ステージも広く踊りやすそうでした。
公演自体も面白く感じましたし、みんなかわいらしいですね。

ただMCはチームEと同じでまだ個性とかが発揮できておらず面白くありませんでした。
この場合、関西弁というのはマイナスに作用しちゃうかも知れませんね。
(関西弁なのに面白くないと言う森末慎二状態。)

あとステージが広すぎる結果、迫力に欠けるってのもあるかと思います。
これは逆にSKEがなぜ公演の評価が高いのかと言うと、その狭さがある種の臨場感を生み出している感じがするんですな。
ステージの情報量が一見して濃く見えるという怪我の功名みたいな所です。
客席の密集感もたがいの熱気が伝わりやすく、ライブの臨場感という意味でもプラスになります。
立ち最前列などは指定では無いので常連が集まりやすく騒ぎやすいってのもライブの熱狂にはプラスです。
意外にも劇場が狭いってのは利点になるのですね。

ただ公演が観たいって言う普通の客にとっては迷惑でしかなかったりする訳ですけどねぇ…。

話逸れましたが、NMBの公演は今のところコンサートっぽかったです。
会場が整い過ぎているから、っていう点でそう感じるだけですけど。
最前列の人は中央でも、その広さゆえ上手や下手のメンバーが遠く感じるんでは無いでしょうか?
もちろん逆に言えば、照明・ステージのゴージャス感という面では完成度が高いです。

座席の不平等感が少ないので、地元だったら通いたいぐらいですが大阪は近いようで遠いですなぁ。
それ以前に全然公演が当りませんけど。

関西のAKBファンがNMBを観に行ってると思いきや、関西・名古屋のSKEファンが多く来ていたという事は列に並んでいる時に方々の会話でわかりました。
公演を盛り上げているのもSKEファンが多かったなんて報告もあるようです。
(その辺の人たちは例外無くAKBの公演行ってた人たちでもあるとは思いますが。)

メンバーのパフォーマンスに関しては噂通りダンスが上手い娘たちが多く非常に完成度が高かったです。
まだ体に刻みこまれてないせいか、後半に表情が作れてなかったり、息が上がっているメンバーも多かったです。
汗だくな姿を見ると「若いっていいよね。」と呟いてしまいます。
MC含めてこれからどんどん成長していくかと思います。
半年後に観たいですが、今ですらチケット当たらない状況なのでどうにもならん気がしないでも無いですが。

帰りはハイタッチそして、客が16人ずつで区切られて先頭の人が一番前のメンバー前まで辿り着いたら、メンバーに背を向けて、肩をトントンされます。
この肩叩きって何ぞ!?って気もしますが、SKEが単なるお見送りって事を考えると非常にうらまやしいサービスですね。

劇場の広さのメンバーを遠く感じるにも関わらず、帰りにはかなり密着度が増す仕掛けになっている訳です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。