スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

いろいろとサボり癖がついて大変なガオー島田です。
なぜバタバタしてるのにいろいろ引き受けてしまったんやろ…。

ウワサの「SPACE BATTLESHIP ヤマト」を観て来ました。
観に行ったの年末なんですが、サボってすみません。

言わずと知れた歴史に残るアニメ「宇宙戦艦ヤマト」の実写版って事でいろいろな意味で期待してました。
監督・VFXは「3丁目の夕日」の山崎貴士って事で、まぁビジュアルに関してはそこそこの水準だろう、ただ本編はどうかな?って感じがその時点で読み取れてしまう感じです。

で実際の本編もそんな感じの出来でした。
脚本は「エコエコアザラク」のイメージが強い佐藤嗣麻子ですが、意外にきちんと伏線が貼ってあり上手く回収したり、小道具もちゃんと思い出した頃に上手く使ったり等々細かな点では悪くなかったんじゃないかと思います。
アニメ版の第一作目と第二作目を混ぜたような内容って話はうっすら聞いていたんですが、それだけでなくいろいろと設定の変更がされており、意外に上手くまとめたなと感じました。

じゃあ面白いのか?と言うとそこが違う
一作目と二作目を混ぜたのが構造的にダメだった理由だと思います。
一作目は完全に絶望的な所からハッピーエンドになり、その影で沖田十三の犠牲がひっそりと描かれるという余韻があり、大きな感動を生んだと思います。
で二作目ってのは地球が平和ボケみたいに描かれ、強大な敵にわが軍の精鋭宇宙艦隊全滅っすよ、みたいな所から「われわれにはヤマトがある」と言う最後の手段的な逆転と自己犠牲が相まって感動するっていう構造がありました。
じゃあそれを混ぜていい所取りをしたら面白くなるのか?って言うとそうはならない訳ですな。
ネタバレになるので書きませんが、ナニのオンパレードになってはナニ描写が軽くなるばかりで客は危機を感じにくい訳で。

ストーリー全体の構造を俯瞰して、そこに快楽があるかどうか図れなかったと言うことで、そこら辺は監督とプロデューサーの責任かと思います。

その他、設定上で明らかな欠点もありました。
そこがガミラス星でのアクションシーンに関わってくるので気になって仕方が無かったです。

演出もいろいろ頑張ってるんですが、いくつかミスも多かったと思います。
命をかけて瀬戸際を守るってようなシーンの演出も、敵が押し寄せるカットが無いので、何銃撃の前に出てんのよ?って感じたり…(後から押し寄せるショットがありましたが)。
あとラストももっとウェットにしちゃっていいと思うんですけどねぇ…。

感情移入を段階的にさせるように配慮してあったり、VFXは日本の映画では頑張ってる方だったり、いくつかは上手い描写もありました。
ヤマトを実写化する重圧であるとか、どこが正解なのかって事を含めてスタッフは頑張ったと思います。
ヤマトファンを逆なでするような無神経な映画ではなかったと思います。
個人的にはヤマトのテーマが流れるだけでジーンと来るものがありました。
ただ全体の構造に大きな欠点を抱えてたのではないか?というのが感想です。

スタッフには敬意を表したいんですが、それが映画の出来に直結するとは限らない70点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。