スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」

二枚重ねのトイレットペーパーで上下のミシン目がずれていると一日イライラするガオー島田です。

ホリプロの50周年記念映画「インシテミル 7日間のデス・ゲーム」を観て来ました。
いつ和田アキ子が出るのかと期待してたんですが、出なかったです。(激ネタバレ)

元がちゃんとしたミステリー小説で、監督がリングの中田秀夫だから、って事でちゃんとしてそうなんで観て来ました。

結論から言うと原作を消化し切れなかったのか、それとも原作にその欠陥があったのかわかりませんが、ダメでした。

「こうすればいいのに」「ここでこう言うのは不自然」「とりあえず主人公だけでも…」などなど突っ込みどころが満載。
生死に関わってるんだからちゃんとしようよ?って映画の中に入ってしゃべりたくなるレベルでした。

酷すぎるってほどでも無いんですが、ここまで感情移入できずにさらっと終わるとは思いませんでした。
ちょっと怖いところもあったので残念な感じです。

藤原竜也の演技が他の映画と一緒に見えて来ます。
演出の方にビジョンが無いからなのか、演者としての引き出しの問題なのか…。

1セットで済むんだから、脚本練らないとダメだろうと厳しく言いたい55点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。