スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「十三人の刺客」

歯医者に行く時は穴のあいた靴下を履いて行くと恥をかくと言う事を学習したガオー島田です。
歯医者じゃなくても履くなよっちゅう話ですが。

時代劇映画の傑作を三池崇史でリメイクした「十三人の刺客」を観て来ました。

元の映画も前から観たかったんですが、レンタル屋とか行ってもそれを忘れてたりするんっすよね。
多分、時代劇コーナー行けば思いだすんですが、観ようと思うのは黒澤作品が多いので別コーナーだったりして。

三池崇史の映画は基本ムラがあって、面白かったり面白く無かったりします。
今、当たり前の事言いました。
評判が良かった事もあって、観に行ったんですが、これがなかなか面白かったです。

稲垣吾郎の鬼畜っぷりが評判ですが、その通りの激勧善懲悪っぷりな内容の映画です。
元のオリジナル版の最後はかなり淡々としていたようですが、こちらの現代版はかなりヒロイックな作りになっていて、かっちょぶー!しびれるわん!とうっかり心の中でときめく映画になってます。

セットも美術もチープな所が無く、牛のCGが気になるぐらいですかね?非常にしっかりと作られた時代劇だと感じました。

やはり役者陣が素晴らしかったです。
役所広司
山田孝之
伊勢谷友介
伊原剛志
松方弘樹
松本幸四郎
市村正親
いいです、いいです、いいですよ。

で、評価されているゴローちゃんですが、これはシナリオ上の造詣がしっかりしていると言う事であって、決して演技が素晴らしいって感じでは無い気がするんですけどね。
こういう役を引き受けたって事は評価してもいいと思いますが…。

個人的にはラストの13 vs 200はそれほどノレ無かったってのが正直な感想です。
さすがに40分間やられても、って訳じゃ無いんですが、ヒロイックに描くならもうちょっと心地良い描写があってもいいんじゃないかな?と思ったり。
陰惨なら陰惨でも構わないんですが、そこがちょっと宙ぶらりんな気がしないやいやいやいやでぃあ。
やっぱり狩野英孝は名古屋で人気あるみたいですね。
関係無ぇ!

ただ、面白いです。
「てめぇ、こいつ許せねぇ!」っていう悪に立ち向かうってぇんですから、誰でもオススメできるわかりやすい面白さがあります。

そんなわけで85点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。