スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アバター」

ネットゲームではセクハラし放題のガオー島田です。
うそです。
ネットゲームでもその度胸がありません!
以前思いっきり下ネタ言ったら、相手が中学生だった事があります!

長らくお待ちかね(自分が)だった「アバター」をようやく観て来ました。

もちろん、IMAX!

しかし、なぜ「なんちゃってIMAX」って事が言われているのか、よくわかりました。
IMAX自体は何度か経験があるので、やはり本物のIMAXシアターと比較するとスクリーンが小さく感じました。
見渡す限りって感じでは無く、やはり普通の映画館の延長って感じで、ちょいと曲面になってるよんって具合です。

音も画面もデジタルという事でクリアではあるのですが、3D眼鏡のおかげで一段階暗くなるのが残念です。

想像通り、中盤からは3Dであることにはマヒしてしまいます。
3D部分が絶賛されていたと思うのですが、とくに近年の3D映画と比較して特別凄いって事は無かった気がするんですが…。
3D映画を結構楽しんでる自分だから、聞いていたような評判ほどにはビックリはしませんでした。

実は一番驚いたのが、映画そのものの出来が良かった事です。
なかなかSFマインドが利いていて、面白かったです。

ストーリーはよくあるアメリカ侵略しちゃってゴメンちゃいね物。
凝ったストーリーを作るのにも労力がかかるのですが、世界を一つ作り、類型的なストーリーながら客に単純さを感じさせずにストーリーを追わせるってのはなかなかできるもんじゃありません。
「トゥルー・ライズ」や「タイタニック」をイマイチに感じていた自分にとっては久々にちゃんと面白いジェームズ・キャメロン映画になっていました。

惑星パンドラの設定と、アバターというテーマのリンク、そして3D上映という形態までもリンクしているという、なかなか参加のしがいがあるイベントムービーという気がしました。
これは味わって損は無い映画じゃないかなぁと思いました。

前日に見た「ハート・ロッカー」と比較しても「アバター」の方がアカデミー賞には合っている気がしましたねぇ。
両作を観る前の想像では逆に感じてたんですけどねぇ…。

ってな感じで85点で。
109シネマズのアイマックスで見る方は、吹き替え版、最前付近を選択する事をオススメします。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。