スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パレード」「時をかける少女」

ホワイトデーでお返しをしなくていいって気楽だなと思っているガオー島田です。
涙拭いていいですか?

本日はダブルヘッダーです。

まず最初は行定勲監督作「パレード」

評判が良かったのと、「行定、復調の兆し」みたいなひどい言われ方をしていたのが気になったのと、ストーリーがかなり特殊だと聞いていたのでそこそこの期待で行ってきました。

サスペンスって煽りをよくききましたが、最後まで人間ドラマだったと思います。

オチが最大の見所なんでしょうが、自分はそれほど…。
むしろ自分は前半のだらだらした日常からキチンと面白く、演出もカメラワークも非常の良くできていて満足できました。

途中退屈に感じた部分もありましたが、許容範囲って事で。
小出恵介と貫地谷しほりの演技が良かったです。
小出恵介の声ってええ声ですな。

75点で。


で、アバターのチケットを獲らなかった(取れなかったでは無いんです!)のは、もう一本を観るためで。
仲里依紗主演の「時をかける少女」を観てきました。

本日は名古屋でも仲里依紗、中尾明慶、谷口正晃監督の舞台挨拶付きって事でチケット取ってきました。

映画が先に上映で、舞台挨拶は後っていう、映画の出来が悪かったらなんか悲惨な空気になるようなそんな感じです。

座席は真ん中で映画を観るには最高の位置でした。
舞台はもうちょっと近ければなぁという感じでした。

で、映画ですが、なかなか良かったです。
「時をかける少女」の本質は切なさだと思いますが、まさしく切ない映画で、方々ですすり泣く声が聞こえて来ました。
舞台挨拶時でもその場面の話になった時に、周囲でグスグス言う始末。

先がどうなるのか読めない部分もあり、純粋に楽しめたのと、やはり主演二人に焦点を当てた描写がすごく良かったです。

ともかく仲里依紗の演技が凄まじいです。
唸りました。
秒単位でキチンと表情を変えてくるのはびっくりです。
ただ、こういったリアルな女子高生演技しか引き出しが無いのかも?とも思わないでも無いでもないです。

ただ、欠点もそれなりあります。
時間ものであるなら、もっとそれをネタにして笑わせる事が出来たと思います。
この辺がどこにこだわるのか、男性脚本家と女性脚本家の違いかもと思ったり。

エンディング前のシーンがちょっと物足りない、とか。

不満はいくつかありますが、好きな映画と言えます。
正直、出来としては劣りますが細田版のアニメ「時をかける少女」よりもこちらの方が好きな映画です。

80点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。