スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスはくるしみますなのだ

世の中の美少女は全員自分に気があると思って外出するガオー島田です。

本日はだらだらと行動していたら観たい映画の時間とことごとくすれ違い、結局映画は観ずにダラダラ過ごしましたとさ。
めでたしめでたし。

で、最近見たDVDの事でもダラダラ書きます。

先日ようやく「プリズンブレイク」ファイナルシーズンをファイナルして来ました。
アメリカのテレビシリーズはだらだら続いたと思ったら突如打ち切りになってモヤモヤする事が多いらしいんですが、こちらはスッキリと完結しました。
ファイナルシーズンはなかなか面白かったです。

ラストで声を上げて「えぇえええ!?」って言ってしまいましたが、なかなか楽しめました。
ちゃんと完結したので、これからは安心して二度寝できそうです。

ついでに「24」シーズン7も一気に観ました。
シーズン6はかなり不評だったらしく、製作者も「反省してまんがな、ほんまに~、許して~な~」って感じでしたが、今回もちょっと…な出来でした。
とても24時間って感じのストーリーじゃなかったです。
なんかジャンプの漫画みたいに次の敵、次の敵、誰が黒幕だよ!って感じでした。

つか、終始どきどきキャンプのネタを思い出すのも困ったもんです。

いろいろな所で評判が良かったような気がする映画「かもめ食堂」をやっとこさ観ました。

え~、正直に感想を言うと、激つまらなかったです。

いや、びっくりしました。
自分は淡々とした映画も好きだし、小林聡美も好きな俳優の一人だし、題材もそそる感じだしって事でそこそこ期待してたいたんですが、自分の口には合わなかったです。
原作と同じなんだと思いますが、一番大きいのは、主人公の人生訓みたいなものがあまりに薄っぺらに感じた事です。
冒頭のモノローグからして「あれ? どっかで聞いた事のあるようなありきたりのフレーズだなぁ」と感じ、不安がありましたが、本編もどっかで聞いた事があるような、ありきたりの人間像って感じの映画でした。
自分はくすりとも笑えないし、展開の唐突な部分はあるし、メインキャラクターやお客も個性があるようで実は無い。
こういう映画なら、新鮮な人間観ってものがひとつは提示されているもんですが、この映画は皆無でした。
なぜこの映画がミニシアターでヒットしたのか理解できませんでした。


ふ~~、吐きだしてちょっとスッキリしました。
「かもめ食堂」を好きそうな女性が多そうなんで、かなりの数の女性を敵に回した気がしますが…。

100円レンタルのおかげでいろいろ観たので、これからもちょいちょい引っ掛かった映画は血祭り感想を書いていこうかと思うちょりますけん。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。