スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「カールじいさんの空飛ぶ家」

好きなカールはうすあじ、明治製菓に言いたいのはカレー味の復活、映画館でチーズ味を食べるやつは不幸になれ!と思っているガオー島田です。

自分がピクサー映画で一番好きな映画はと聞かれれば「モンスターズインク」と即答します。
その「モンスターズインク」の監督であるピート・ドクターによる二作目(本作はボブ・ピーターソン共同監督ですが)の監督作品である「カールじいさんの空飛ぶ家」を観て来ました。

既に予告編で泣ける映画ですが、本編冒頭20分は泣きっ放しです。
むしろ予告編見てるから、最初っから泣きっ放しです。
その冒頭に出てくる設定も小物も、どれひとつ死んでいないので、その小物が映るだけで「うっ」と来ます。

予告編で見る限り、「どうやって映画一本の尺を持たせるんだろう?」と思ってましたが、予告編に出てこない設定などが結構ありびっくりしました。
予告でそれをカットしたのは、あくまでも「感動作」として売りたいって事なんですかね?
本編通して見る限り、いつものピクサー作品のように、本編は子供から大人までも楽しめる冒険活劇になっています。
予告編など表に浮上して無い物語部分もかなり笑えて楽しめます。

3D吹き替えで観てきたんですが、3Dはやっぱり途中で麻痺してしまいますね。
ただあの大きな3Dメガネのおかげで、涙を隠す事ができます!
助かった!
つか、嗚咽しそうになるので、気休めだけどね!

吹き替えのおかげで「Closs My Heart」がわかりにくいって欠点も。
字幕だと失われる情報もありそうで、この辺どちらをチョイスするかは難しい問題ですね。

欠点は、ちょいと謎な所がある点。
ストーリーに関わるので書けませんが、結構気になってるんですよね。
う~ん…。

拡大公開ながら初日なのにお客さんが5割ぐらいだったのがちょっとびっくりでした。
現状ジブリよりも打率が高いと思うんですがねぇ>ピクサー

あぁ、もしかしたら正月映画で一番面白い映画を先に観てしまったかも…。
90点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。