スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「サブウェイ123 激突」

どうも~、地下という言葉に興奮しやすいガオー島田です。

やっとこさ「サブウェイ123 激突」を観て来ました。

あっという間に縮小公開になってあせりましたが、前売り券が無駄にならずに済みました。

この映画、「サブウェイパニック」のリメイクと聞いていましたが、かなり違う話になっています。
ハリウッド映画水準には達してるんですが、所々に「え?」ってな描写もありつつそれなりに楽しめる映画になっていました。

デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの演技が無駄に良かったです。
トニー・スコットを生かすも殺すも脚本次第な訳ですが、今回の脚本は今一つ。
ちょっと役者さんがかわいそうです。

伏線が生かしきれて無い所と同時に、もうちょっと伏線を張れば面白いんじゃないか?という食い足りない感じがしました。
乗客や犯人達の描写も今一つで、そのどちらに対しても緊張感を感じませんでした。
やはり練り込み不足って感じでしょうかねぇ?

こういう立てこもり物はあまり失敗しないジャンルだと思うんですが、ちょっと食い足りない映画です。

お好きな方はレンタルでどうぞって感じで70点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。