スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・トレード・センター

前フリ無しで。
映画が映画だけにノーおふざけで(本当は思い付かなかっただけ)。

ワールド・トレード・センターを見てきました。
オリバー・ストーンも政治的な主張を引っ込めざるを得なかったのか、政治臭が全く無い映画に仕上がってます。
主人公のモデルになった人物も別人の役で出演しており、かなり詳細に事実に基づいて作られているとの事。
ともかく興味深く見ることができました。
前半は普通のアクション映画のようにスリルが伴い面白かったっす。
後半やや失速しますが、主人公に肉体的主観的な部分を描き、疑似体験できるような映像表現になっており、これまた興味深く見ることができました。

こういった映画を見ると、「映画」が面白かったのか「事実」が面白かったのか?と問わざるを得ない部分がありますねぇ。

しかし点数としては辛く65点と言う事で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。