スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「グラン・トリノ」

「泣けるぜ」が口癖のガオー島田です。

クリント・イーストウッド主演・監督作品「グラン・トリノ」を観て来ました。

方々でやたら傑作とかハードル上げちゃって、関係無い自分が「大丈夫?」って思うぐらいの批評とか宣伝だったりした訳ですが、大丈夫でした。

途中どうにも翻訳が怪しい部分がところどころありましたが、ギリギリセーフ、かつ一応ストーリーの整合性は保たれていたようです。
案の定戸田奈津子さんだった訳ですが、ギリセーフって感じでしょうか?(いくつかまたしても同じセリフを違う言葉に変えたりしていましたが…)

さて、そんなハチャメチャな字幕を差っ引いても傑作だと思います。

タオのキャラクター描写が姉に比べ弱い部分が欠点として思い浮かびますが、それでも傑作です。

笑いの織り交ぜ方含め脚本も素晴らしいんですが、シンプルな演出がぐっと来ます。
音楽の抑えた使い方もいいです。
物語の大筋はシンプルなアウトラインですが、見せ方でここまでのコクが出ると言うのは感心せざるを得ないでげすよ。

DVD版は字幕を変えて観てみたい92点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。