スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ベンジャミン・バトン-数奇な人生-」

女性の好みがどんどん若返っているガオー島田で~す。
そのまんま受け取られると困りま~す。

デビッド・フィンチャー&ブラッド・ピットコンビによる作品「ベンジャミン・バトン-数奇な人生-」を観て来ました。

各映画賞などでも複数ノミネートされており、評価も上々って事で期待して行って参りました。

味わい深い人間ドラマになっていましたが、もう少し素直に泣かせてくれたっていいじゃない?
って感じの映画でした。
「フォレスト・ガンプ」の脚本家であるエリック・ロスっちゅう事でもしかしたらある程度想像がつくかも知れません。

あと本編の大半のエピソードが、あまり若返りとは関係が薄いのも気になります。
普通の人の生涯だったとしてもこの映画の読後感は全然変化がないと思います。
設定が生かしきれて無いってのが正直な感想です。

いくつか納得のいかない展開もあり、やや強引なのもマイナス。

期待し過ぎは禁物かも知れません。


肩すかしながら、2時間47分退屈しなかったので80点で。

おすぎはブラッド・ピットが出てればいいんです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。