スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「20世紀少年-第2章-最後の希望」

過激なバレンタイン反対派のガオー島田です。
取りあえずバレンタイン当日はチョコ売り場のチョコを裏向きにひっくり返す計画を立ててます。
くっくっく。

しばらくぶりの休日。(ちなみに昨日も休日出勤してまいりました。)
もちろん映画でもってことで、「20世紀少年-第2章-最後の希望」を観て来ました。

1作目を楽しめたので、普通に楽しめるだろうとちょっと期待して行ったんですが…。

一向に話が弾まないまま終わった感じです。
原作に忠実でなおかつ原作者が脚本の監修に携わっていると言う事は、原作もこのままって事なんですかね?

いろいろな設定がいただけない感じでした。
トモダチが支配しているような描写の説得力の無さとか、治安が荒れてるのに強い支持があるとか、希望である娘さんが組織からほぼノーマークとか。

突如出てくるキャラクターにも戸惑い気味です。
脚本的にはプラスに作用している訳ですが、なぜクローズアップされてのかわかりません。

いろいろな所で「?」が出てくるって事は原作を消化しきれて無いって事なのかも知れません。
正直、面白くなかったです。
うーん…。

平愛梨は好演。
ネットでの評判がボロクソでしたが、存在感含めてなかなかだったと思います。
個人的には小泉響子役の木南晴夏が良かったです。
銭ゲバとは正反対の役柄で、かなりの演技力なのではと感心した次第。

堤幸彦の演出のバランスの悪さもあり、本作はイマイチでした。
次作の第三章に期待したいと思います。

ってなことで65点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。