スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウォンテッド」

ある時零細企業の会社員、ある時Perfumeのおっかっけ、あいつはあいつは大変装のガオー島田です。

う~っ「ウォンテッド」を観て来ました。
テレビCMや予告編などで、ちょいとマトリックス臭のするこの映画。
ロシアで「ナイトウォッチ」「デイウォッチ」を大ヒットさせたティムール・ベクマンドフ監督によるハリウッド進出映画でござんす。

「ナイトウォッチ」そのものがマトリックスっぽい映画だったので、本作もそういった感じのアクション映画なのかなと予想して観にいきました。
さすがロシアの監督、普通のハリウッド映画とは一味違う仕上がりになっています。
安易に恋愛にはならないし、安易に正義が勝ったりしない。
原作はアメコミなどで有名なマーク・ミラー。
コミックノベルが原作って言うのがある種のハリウッド的能天気さから遠ざかった一因でもあるかも知れません。

「ナイトウォッチ」にあった欠点である感情移入しにくいという欠点も、普通のさえない主人公から始まるストーリーって事で、すんなり没入できるストーリーになっています。
前半の巻き込まれからステップアップしていく行程はわくわくしながら楽しめました。

アクションのアイデアが豊富で、ラストなんかも痺れるほどカッコいいんですが、ストーリーを追うと「ちょっと待てよ」と言いたくなる欠点があります。
「マトリックス」でもありましたが、そんな感じです。
クライマックスでそこが引っ掛かって単純に評価できないもやもやが残ります。

続編の話もあるようなので、続編に期待したいですねぇ。

って事で70点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。