スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GIRL POP FACTORY 08

女大好き!!ガオー島田です!
ほら、思いっきり書くと、結構さわやかに響くでしょ!

フジテレビ主催の「GIRL POP FACTORY 08」に行って参りました。
その名の通り、女性アーティストによるイベントで6アーティスト、4時間で3500円!お得!
このチケット先行で取ったんですが、最初に発表があったアーティストが倖田來未とPerfumeと言う事もあって物凄い倍率だったようです。
自分も気合いを入れてぴあで2アカウントで申し込んだんですが、恐ろしい強運のせいか、その2アカウントとも当たると言う事態に。
ハズレた人、本当にすみません。
しかも片方は2枚申込み(これは単純にボケボケで間違えた)で、2枚もチケットを余らせる事態に。

場所はZepp Tokyo。
いつもとは違う角度でZepp
ちなみのこれは物販の光景ですが、今回のイベントのみのTシャツ、各サイズ限定100枚だったそうです。
ちょいと優雅にビーナスフォートで昼飯を食らってたので、並ぶのが遅くなり泣きながらSサイズを買いました…。

開場までの時間に、チケットが無い人に定価で譲ろうとプラカードの人がいないか探したのですが、こういう時に限っていないもんです…。
しかも本日は当日券が出るかも知れないと言う話で朝から並んでいる人がいました。
入場が終わるまで当日券が出るかすら保障の無い中、並んでいた人たちの精神力には脱帽します。

青梅駅を見渡しても物欲しそうな人もいないので、東京テレポート駅へ。
人待ちの人はいても「チケット譲れこの野郎」って感じの人はおろか、ダフ屋すらいませんでした。
速効2ちゃんねる、Perfume関連のチケットスレに書き込み、見事お二方に定価で譲ることができました。
多分、このブログを見る事は無いでしょうが、本当に助かりました。
ありがとうございます。

二人目の女性の方は、当日券に並んでいた所を抜け出したと言っていました。

入場順はA番→B番。
今回は割といい番号でA240番台。
今回もハルカポジション(かしゆかポジションとも言う)で左側2.5列目を確保。

客層はカオスで、Perfumeファンが目立つという最近ではもう驚かない光景。
倖田來未はアリーナクラスの客が来るにも関わらず明らかに劣勢という感じでした。
その他目立ったのが貧欲と書かれたハッピを着ていたしょこたんファンでしょうか?

今回のイベントは司会ありって事で、PUFFYの吉村由美。
出演は、中川翔子、青山テルマ、いきものがかり、HALCALI、Perfume、倖田來未と言う、おおよそZeppクラスでやるのは嫌がらせか?と言う贅沢な布陣。

中川翔子…オープニングアクトと言う事でお、軽く圧縮が起こりましたが、まだ余裕。
自分の位置から中央のしょこたんの立ち位置までの間に山脈クラスの男性がいて、非常に見にくかったです。
左側にも時々来てくれたので、かなり間近で観れました。
お人形さんみたいで、愛らしかったです。
歌は3曲、すべて知りませんでした。
いやいやいyた、空色デイズすら気付かなかったんだから自分が悪いのですな。


青山テルマ…ドサ周りもフェスも慣れているので、さすがの客回し。
アップテンポの曲の後、「そばにいるね」「何度も」で占める鉄板さ。
五曲、手堅くまとめた感じです。

いきものがかり…名古屋で追々加公演のチケットが取れず涙目だったので、凄い楽しみだったんですが、たった3曲。
アコースティック編成と言う事もあってか、かなり渋めの選曲で「SAKURA」「コイスルオトメ」そして今一つヒットしなかった名曲「帰りたくなったよ」。
きよえのボーカルが伸びる伸びる。
圧巻でした。
ライブは大きな箱でやってもらえませんかね?

HALCALI…デビューから結構ベテランからのサポートもあり、かなりプロモにお金をかけたであろうHALCALI。
自分はファーストアルバム買ったりしたんですが、思ったように伸びなかったですね。
しかしライブの盛り上げ技術は磨かれていたようで、かなり盛り上がりました。
中学生だった二人が今は普通に綺麗になっていておじさんびっくりしたよ。
六曲やりましたが、知ってるのが「ギリギリ・サーフライダー」のみでした…。
知ってる曲をやってくれると考えて予習を怠ったおじさんが悪かった。

Perfume…ここで恐るべき客の圧縮で、中央に押し出される感じで、かなり近い位置の二列目に押し込まれました。
どうやら倖田來未ファンまで巻き込まれたようで、大変な事になっていたみたいです。
自分も腕をあげたら最後、腕を下げる事ができない。
ジャンプをしようにもジャンプできないという状態に。(それでもポリリズム大の字ジャンプは意地でやらせてもらいました)
全体が圧縮が起こった訳では無い見たいですが、Perfume公演中、右側で運び出される人がいた模様。

エレクトロ・ワールド
love the world
シークレットシークレット
Seventh Heaven
スウィートドーナッツ
ポリリズム
チョコレイト・ディスコ

シークレットシークレットの圧縮のきつさも半端無かったですが、Seventh Heavenの時の熱狂も凄かったです。
過去のGIRL POP FACTORY 03にて1曲「スウィートドーナッツ」をやり逃げ(あ~ちゃん談)と言う感じで歌ったと言う事で、リベンジと言う形で披露された「スウィートドーナッツ」。
あ~ちゃんもMC中、うるっと来ておりました。(もういつもの事って感じなってますが)

かしゆかポジションだったのですが、今回はなぜかのっちが左側に来ることが多く、さらにのっちにしてはめずらしく最前付近に視線を送りこんでいました。
ありがとうございます。

倖田來未…メジャーになる前は結構好きで、「なぜ売れないのか?」と真剣に考えたもんです。
今でもちょっとネタ的に売れてる感じがしないでもないんですけどね。
殆どの人に聞いても代表曲のような物が無い感じが今でもするんですが…。

で、美浜と同じくPerfumeが終わったら、かなりのお客さんが帰ったようで、最前付近もスカスカに。
(時間が21時過ぎだったので、仕方が無いっちゃ仕方が無いんですが…)
自分の後ろの方のPerfumeファンが「倖田さんのファンの方前へどうぞ!」と言ってくれたのでずいぶん助かりました。
自分も後ずさりながら、倖田ファンに譲りつつ見える位置を確保。
最前ブロックでもかなりスカスカで見易い!って感じです
ギャル2人が「気持ち悪い!気持ち悪い!」と言いながら前に来ていました。
気持ち悪くてごめんね…。
「前に来ない方が良かったんじゃない?」とか何とか言いながら二列目を確保してましたが。
確保してからなぜか、こちらをちらちら見ていました。
「襲わねぇよ!」と言いたい衝動に駆られました。言いませんが。

ステージはダンサー7人を連れてダイナミックで激しいステージ。
さすがに大きい箱を渡り歩いているせいか、Zeppのステージが小さく感じます。
ノレる曲、しっとりと聞かせる曲を織り交ぜ、アンコール二曲を入れ計8曲で終了。


てな感じで終わったGIRL POP FACTORY 08。
このイベント、段取りが悪すぎます。
青山テルマが終わった後、いきものがかりのセッティングにやけに時間がかかっているな?と思ったら、別の場所で中川翔子、青山テルマのインタビューを撮っているらしく、客は待ちぼうけ。
その間、アナウンスゼロ。(その後、PUFFY由美のMCで判明)
四時間の長丁場で、足腰へろへろの客がよく暴れ出さないなと思いました。
その後も、インタビュー待ちっぽい時間が流れ、客はその間、テンションが冷える感じでした。


さて、Perfumeの圧縮はファンとしてもきつい訳ですが、今回のライブで最前付近にいた倖田來未ファンがかなり巻き込まれたようで、ブログやmixiなどでもかなり愚痴っておられるようです。
基本的にビックになった倖田來未は今はスタンディングのライブハウスなんて事は殆ど無いので、ファンの中にはハイヒールやサンダルの人も多かったようです。
そんな中、押しつぶされる事覚悟で望んで来るPerfumeファンが大挙して押し寄せてくる訳ですから、衝突しない訳がないです。

正直自分も、対バンでここまで圧縮かけるか?と戸惑いました。
周囲にはセクシーな格好の倖田來未ファンも大勢いましたし…。
何とか前の女子がつぶされないように抵抗しましたが、自分が中央に押し流される始末。

これは禍根を残す事になるかも、と思いましたが、考えてみりゃ多分こんな共演は二度と無いわなと思ったり。

ホテルからの眺め
恒例のホテルからの眺めです。
5000円で安かったです。

今朝、新幹線で名古屋に帰り、職場へGo!って感じっす。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。