スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミラクル7号」

「少林サッカー」「カンフーハッスル」でお馴染みのチャウ・シンチーの新作「ミラクル7号」を観て来ました。

ここで「少林少女」のスタッフにお詫びを申し上げます。
先日のブログで、素人にもわかる欠点のある映画と書きました。
日経エンターテイメントの本広克行監督のインタビューを読ませていただきました。
どうやら、当初は町の不良をぶっとばす描写があったそうですが、それを監修であるチャウ・シンチーにダメだと言われたようですね。
そう言った娯楽作のセオリー無しでも映画が作れる異才と比べられちゃ叶わないのは仕方が無いかも知れません。
その点だけお詫びしたいと思います。

さて、「ミラクル7号」ですが、上記の通り、チャウ・シンチーの映画はどこか変です。
娯楽作ではあるんですが、観る者にとって決して気持ち良く映画が進むわけではありません。
過剰でバランスの悪い演出だったり、必要以上の笑い描写だったり、なんとも言えない味のある映画としか分類できない映画になります。
この映画もその例に漏れる物ではありませんでした。

予告編見た感じでは「ETのパロ?」って感じでしたが本編はもうなんじゃこりゃ?」って感じの映画です。
何とも言えない過剰さで、感情移入できそうでできない、でもしちゃうーみたいなー?
一般のお客さん的にはかなり味付けが濃い映画だと思います。

あーなんでか知りませんが、自分は泣きました

お客さんの入りがかなり悪かったのですが、その辺が残念ですね。
まぁ、あの予告を見て「少林サッカー」や「カンフーハッスル」の面白さを思い出せって言われても無理でしょうけどねぇ…。

点数は70点で。
この映画もどう点数をつけていいんだか…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。