スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い者には負けません…「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」

傘を持って電車に乗る時は、必ず皇帝座りをするガオー島田です。
周りのお客さんも恐れおののいてひざまずいてしまいます。(うそ)

例のほれ、あれ、「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」を観て来ました。

19年ぶりの復活という事で、期待しちゃいけないとわかっていても期待しちゃうこの映画。
むしろその期待している期間が長すぎて、だんだん萎えてきたっていう意味不明な自分です。

んが、面白かったです。
洩れた情報を知らなければもっと面白かったのにと後悔しましたが、さすが伊達にインディ・ジョーンズやってないねって感じです。

アクションはまさしくスピルバーグらしくていねいな描写とユーモアが合わさり、観ていて本当に楽しめます。
出てくる小道具の特性をさりげなく描写し、それが危機と好機となって後で生きてくると言う、説得力のあるアクションなんですな。
ただ、近年のアクション映画がリアリティ重視になっている中、インディらしいアクションはかなり漫画的に見える所もあります。
正直「うそやー」って描写の連続のような場面もあります。
そこで萎えてしまったらご愁傷様と言う感じでしょうか?
自分はその辺をユーモアでカバーしたなと言うことと、ある種漂うB級映画のテイストとしてむしろプラスに感じたのですが。

その他、インディファンならニヤリとする描写もいくつかあり楽しめました。
カレン・アレンも年取ったなぁとか。

インディ・ジョーンズカムバックと言うよりは、スピルバーグカムバックといった感じで、久しぶりにスピルバーグの明るいアクションって言う側面が帰って来たなと感じました。

完成度が高い娯楽映画として、自分は高評価です。
ラストの落ちが綺麗に決まると、本当に気分が良いどす。

って事で80点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。