スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっ!ど~ん!

トシちゃんかんげき~!! きしめんの国からやってきた王子様、ガオー島田です。

いい加減しつこいぞフジテレビ製作の「UDON」を見てきました。

この映画の監督の本広克行は「踊る大捜査線」の演出家としても有名なんですが、私はどうしても好きになれなくて…。
泣かせるための演出のクドさがどうにも性に合わないんですな。
今回もそのクドさが目一杯です。
笑いの演出も結構スベってます。
振っておいて、後処理せず、って何の意味があるのだろうか…。

と文句を書きつつ、じゃ実際映画としてどうなんだ?と問われると、面白かったです。
さぬきうどんにまつわる事実・実体験を物語につむいだとどっかの本で読みましたが、まさしく事実の面白さが発揮された映画だと思います。
俳優たちもなかなか魅力的で良かったと思います。
これで演出が良ければ…、とは言いませんが、それでもラストの泣き演出の長さとクドさは大きなマイナス要素だと思いました。

どうやら客の入りはフジテレビがしつこい割にはイマイチなようです。
こういった地味な題材は、むしろ面白くなると思うんですが、お客さんが呼べるような題材では無かったようです。
讃岐うどんブームが去ったばっかりってのもタイミング的に悪かったのかも知れませんねぇー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。