スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「4ヶ月、3週と2日」

ルー大柴ってどこでブレイクしているのかアイドンノォのガオー島田です。


カンヌ映画祭グランプリのルーマニア映画「4ヶ月、3週と2日」を観て来ました。
かなり映画批評家の受けが良かったので、期待して観にいってしまいました。

自分も中学生や高校生の頃は、小難しい映画こそ大人の映画だと思い、日本映画やらハリウッド映画を小馬鹿にしがちな普通の思春期を迎えていました。
20代前半ぐらいまでは結構無理して、観に行ってたんですが、ある時を境に馬鹿らしくなってしまいました。
こういったカンヌ系というかヨーロッパ系、ま邦・洋問わずですが、内省系と言いましょうか?
あ、ミニシアター系と言えばいいのか…、って映画はハズレだった時のインパクトが強すぎるんですな。
あまりに退屈で二時間が拷問に。
それなら娯楽映画の方がまだ退屈しない、ってな訳でよっぽどの評価で無い限りは観に行くことをやめました。

で、この映画は確かに人間ドラマとしてのスリルもあり面白かったんですが、無意味に長いシーンであるとか、物語を語るのに贅肉が多すぎるような気がします。
途中、退屈なシーンが何度かあり、くじけそうでした。
そこを乗り越えて得られる面白さなのか?と問われるとちょっと違うんじゃないかなと思います。

BGMが無く、手持ちカメラでの画面、本筋とは関係ない会話などなど、一般客になり下がった私にはつらいものがありました。

本日、家に帰ってきてこの映画の時代背景(本編中には一切無い)を読んで、なんとなくこの映画の価値・評価がわかるような気がしましたが…。
チャウシェスク政権時代のルーマニアのリアルって言われても普通の日本人にはピンと来んですよ。
と、製作者よりはこの映画を評価した人に言いたい感じです。

ってな訳で65点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。