スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きた愛した戦った。

ゴッドマーズ劇場版を観に行って、同時上映の「少林寺」をうっかり楽しんでしまったガオー島田です。
だって男の子だもん。うふっ。

2008年2月10日、今年の初東京日帰り弾丸ツアーってきました。
実は、某テレビ局の某歌番組に某次世代テクノポップユニットが出演すると言うことで、観覧募集に当選しちゃったんですね。(入ってて良かったファンクラブ)
番組の内容などは口止めされているので、詳細は話せません。
と言っても自分は歌収録のみなので、語るほどの内容はありませんが…。

観覧募集には3パターンほどあり、
1.OPトーク&歌
2.トーク&歌
3.歌のみ
歌のみは200人強なんでなんとか当選できましたが、トーク付となると10名だそうで、かなり狭き門です。

歌のみなので、某次世代テクノポップユニットは観れましたが、司会の某天才芸人コンビは観ることはできませんでした。
残念無念。

当日、二時間ほど早く東京に着いたので、取り合えず汐留の某テレビ局の周りをふらついたり、お台場の某テレビ局の中を見学したりしました。
12時30分に、わんわんスタジオ(仮名)に集合と言う事で、20分ほど前に行ったら、既に行列が!?
どうやら、他の歌い手さんの収録客のようで、その日にベルトコンベアーの如く観覧客をさばいておりました。

収録ですが、待ち時間2時間で一発OKと言う残酷な幕切れ。
友人の話だと、某バンドの収録では屋上で寒空の中、一時間半待たされたと言う話を聞いて覚悟が出来上がっていたので、室内待ちだったのがむしろうれしかったぐらいです。
収録後にまた本人達が出てきて、ちょっとした挨拶があったので、何とか暴動は免れました。
その挨拶もまた某次世代テクノポップユニットらしい、短い時間にもかかわらず客を笑わせる事ができると言う女性芸人まっつ青の手腕にはただただ驚くばかりです。


取り合えず、自分は映ってたとしても後頭部&背中ぐらいだと思いますが、「何かあの背中には某次世代テクノポップユニットに対する愛が感じられるなぁ」と思ったら、それは私の背中です。
男は背中で語るんです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。