スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秀樹感激!……「ALWAYS 続・三丁目の夕日」

「ごちそうと言えばすき焼きだ」世代のガオー島田です。

「ALWAYS」はいらねぇよ、でおなじみの「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観に行ってきました。
映画業界でもネット界隈でも圧倒的な支持を受けた前作ですが、自分の感想としてはちょっといい話、でも難有りな映画で特別評価しなかった感じです。

前作はこれ見よがしの“昭和”ギミックであったり、無理矢理の笑い挿入などどうしても気になって、素直にいい映画とは言えなかった自分であります。
しかし、今作は“昭和”も“笑い”なかなかストーリーに上手く溶け込まれており、自然で納得できる出来となっていました。
前作の泣き部分はかなりオーソドックスなポイントでしたが、今回はなかなか微妙な感情を呼び起こす玄人好みの“泣き”ポイントがいくつかありました。
ただ、ストーリー展開は平凡で、大半の人は展開が読めてしまうのでは無いでしょうか?
その部分の物足りなさは結構大きな欠点かも知れません。

ただ、概ね善意の心地よさみたいな物で貫かれた、無菌状態の“昭和”は麻薬のように心地良かったりします。
地味な題材ながら、退屈せずに観られるって事はたいしたもんでごわすな。

私が観に行った時は、かなり高齢の方々ばかりで、若者が殆どいなかった事が気になります。
今の若者にとっては昭和30年代は“懐かしい”とは隔世の感があるって事なんでしょうかねぇ…。
お年寄りも多かったからか、そこら中からすすり泣く声が聞こえてきました。
ちなみに自分はぐっとは来ましたが、泣く所までは行きませんでした。

点数は70点で。

ところで、子役の須賀健太君は演技が下手な気がするんですが、気のせいでしょうか?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。