スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

になる時、それは今……「HERO」

ちょ、ちょ待てよ!
キムタクのマネをするHORIのモノマネのマネを特訓中のガオー島田です。

フジテレビがいい加減しつこいので、仕方なく「HERO」を観て来ました。

自分はテレビシリーズは全く見てなかったのですが、急いでレンタルで全巻見終わった次第です。
(そのタイミングで東海テレビ(フジテレビ系列)が再放送始めやんの。)
世の中には面白くないのにヒットしたり高視聴率だったりする物があったりするわけですが、このドラマに関してはちゃんと面白いに違いないと確信を持っていました。
事実、第一話は非常に良く出来た脚本で、唸ってしまいました。
視聴率が良かった事も納得できるほど、伏線の張り方も人物描写も、感情移入のさせ方含めた物語の快楽に関しても良く出来た脚本だと絶賛させていただきます。

しかし、第二話以降は普通の連続物のドラマに落ち着いた感じがします。
描かれなかった証拠品がオチになっていたりする事が度々あったりする。
集団ドラマのように描かれるが、主人公しか活躍しない。
恋愛要素とのバランスが悪い。
いろいろな欠点はあるが、そこそこ見れるドラマに治まってる感じでしょうか。
(ちなみに脚本は主に福田靖ですが、第一話のみ大竹研です)

何より気になるのは木村拓哉の口調でしょうか。
松たか子を第二話から「おまえ」呼ばわりで、本編中は職場であるにも関わらず「バカ」呼ばわりしたりで、見ていてその辺が引っ掛かりました。
無論、木村拓哉が悪いのでは無く、脚本・演出・プロデユーサーが悪い訳ですが。

木村拓哉のアップが多いのも気になりましたし、腰を振ったりおしりをアップにしたりなど、明らさまにサービスショットが多用されているのもどうかと思います。
テレビドラマにはさまざまな制約がされるであろう事を考えると、宇多田ヒカルの全くイメージに合わない主題歌含めて、スタッフもかわいそうなのかなと思ったりしますが…。

と、長々とテレビドラマ版の話をしてきましたが、上で書いたようにドラマ的制約との戦いも今回の映画においても多く見受けられました。
むりやりの韓国ロケ&イ・ビョンホン出演や、グラサンかけた衆議院議員タモリとか…。
決定的にダメな部分(当事者なら絶対に起こさない行動)など穴もいろいろありましたが、概ねカタルシスが感じられるよく出来た物語になっていると思いました。
事件以外の伏線の描き方も回収もなかなか良く出来ていて、テレビドラマが好きだった人は熱く楽しめるのではないかと思います。

なんか映画の感想部分が少ないじゃん…、と思いつつ点数は70点で。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。