スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「風立ちぬ」

風立ちぬと聞くと続いて「今川焼~♪」と歌うガオー島田です。
聖子ちゃん世代です。

宮崎駿原作・脚本・監督作「風立ちぬ」を観て来ました。

いろいろな所で賛否両論を聞いていたのであまり期待していなかったんですが、ちゃんと楽しめました。

やはり面白いのは宮崎駿自身がミリタリーオタクである事から、それらミリタリーとかメカへの偏愛がある主人公たちが描かれている所でしょう。
多分にその部分が濃厚であり、そこに堀越二郎の生涯の面白みみたいなのがプラスされた感じです。

ヒロインの菜穂子はフィクションらしいので、正直完全フィクションとして楽しむのがいいんでしょうね。
ただ正直この物語の骨子っぽい描き方のこの恋愛部分が単なるオマケのようにも見えるのがこの映画の評価がバラける要因のような気がします。

この恋愛部分がオーソドックス過ぎてってのもあるかも知れませんが…。

その他この映画の面白い試みである二点の所ですが…。
主人公が庵野秀明である事と効果音が人の声である事。

もちろん想像通り庵野秀明の演技が浮いてしまっていました。
周囲の人物が普通に演技してるから当たり前なんですが、これが見てるうちにラストあたりになってくるとあんまり違和感が感じないという不思議な感覚に。
ちょっとびっくらこきまろでした。

効果音の人の声に関してはもろ肉声で、プロペラ音とか「ぶろろろろ」とやる時の出だしの「ぶろ」が思いっきり人の声以外の何者でも無くて気になって仕方がなかったです。
しかもどの場面でもカットが変わったらアフレコでその都度入れてるみたいに最初の破裂音「ぶろ」が入ってるんですよ。
別にカットして「ろろろろろろ」だけ入れればもうちょっと自然だったと思うんですが…。

声優や効果音もそうですが、最近某ドラマにハマっているので、アニメキャラクターの演技がどうやったって名優の演技には追いつけないんだなって事を再確認できるような気がしました。
涙の表現も不自然にしか見えないです。

後は夢の描写いるのかねぇ?っていう所も気になりました。
ジブリ的に子供が退屈しないような描写入れとくってのがあるのかしら?と邪推。

ラストも不親切な感じで残念。
もっとウェットに描いて客を泣かせてもいいんじゃなかろうかいな?

こうやって書くと欠点だらけですな…。

それなりに楽しめたで。
スポンサーサイト

「ワールド・ウォーZ」

ナゴヤドームでAKBのコンサート二日間行ってゾンビのように歩いて帰ってきたガオー島田です。
二日ともアリーナ前よりで後向いたら花道という超良席で思いの外楽しめました。
SKE目当てですが純粋なAKBファンの人ごめんなさい…。

ブラッド・ピット主演「ワールド・ウォーZ」を観て来ました。

ブラピと監督不仲説などでゴタゴタしてたらしいこの映画、追加撮影をした完成品がどうやら出来が良かったらしく、ブラピも最終的にご機嫌になったとの事。
アメリカの批評家からもまずまずの評価だったようです。

で私からの評価ですが、これがなかなかゾンビパニック映画として良く出来ていました。

スリルが断続的に押し寄せて、常に緊張できる出来になっていました。
ダレる事無く面白かったです。

ラストが少し地味と言えば地味ですが面白かったです。
やっぱりパニックものは好きですなぁ。

そんな訳でに近いで。

「パシフィック・リム」

東京アイドルフェスティバル2013行ったり、avex主催のidol-nation行って来たり、翌日は横浜でSKE4~6期メンバーと握手してきたりと、アイドルイベントばっかりで映画見てないガオー島田です。
いずれちょっとアイドルネタでブログ書くつもりでーす。

大きいお友達たちに話題の巨大ロボットと怪獣が戦うギレルモ・デル・トロ監督作「パシフィック・リム」を観て来ました。


私が語る程でも無く、沢山の著名人が盛り上がってますね。

まぁそういう映画です。

レイ・ハリーハウゼンと本田猪四郎に捧げている事からもわかる怪獣映画な訳ですが、個人的には怪獣デザインは今ひとつ。
ギレルモ・デル・トロ印のデザインは多少癖のある世界観で何となくバンズ・ラビリンスなどとも近い感覚が呼び起こされる感じです。
正直もうちょいイェーガーがかっこいいと良かったなぁと思ったりします。

ストーリーの展開は中だるみする事無くちゃんと積み上がって展開しているので退屈しませんでした。
もちろんバカっぽいノリに多少の思考停止が呼び起こされたりってのはありますが…。

IMAXで見たからかも知れませんが、画面的に何やってんのかわからんって場面もありましたが、許容範囲。
かなり予告編そのままの映画と思ってもいいと思います。


十年前の自分なら大騒ぎだったのかな?とか考えてしまいました。
何となくトランスフォーマーを借りてきて今見てたりするんですが、戦闘シーン的にはトランスフォーマーだなぁと思いながら見てたりします。

そんな感じでその筋の人にはなんでしょうけど自分評価はで。
老いてしまったなぁ。

「ローン・レンジャー」

股ずれが酷くて会社の人に「素股が酷くて」とうっかり言ってしまったガオー島田です。
下ネタじゃねぇかよ。
場が凍りつきました。

ジョニー・デップ主演「ローン・レンジャー」を観て来ました。

ローン・レンジャー自体が主役というか脇役というか実は主役。
観れば普通にジョニー・デップが目に入り過ぎる感じではありますが…。

アクション部分とコメディ部分は「パイレーツ・オブ・カリビアン」の一作目に近く、軽妙できちんと楽しめる映画になっています。
ジョニー・デップのキャラは狙いすぎですが、それでも楽しめました。

売りになってる列車のシーンは確かに面白く撮れてます。


気になったのは「パイレーツ・オブ・カリビアン」の2・3作目にあった、友情があるならこんな行動はしないだろうという倫理観のズレがこの作品にも感じられ、そこら辺のちょっとした感動みたいな物が薄く感じます。
一笑いのために「あれ?」っていう倫理観が描かれると感情移入がしにくくなります。
まぁ本当にちょっとしたシーンなので全体に影響をおよぼすほどでは無いんですが…。

後、ここの所のハリウッド大作にありがちな、正義のための犠牲多すぎね?的な所もかなりひっかかりました。
明らかな悲劇が止められず多数の死者が出てたり、上の命令を聞いてただけの人たちが結構死んでたり…。
自分のよく知ってる人たちが救えれば他どうでもいいんかいっていう感じはどうなんですかね?

よりのって感じです。
見てる間は楽しめると思います。
プロフィール

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。