スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」

女性に迫られると逃げてしまうガオー島田です。
まんじゅう怖いとかそういう意味です!

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観て来ました。

公開日前後はすべての上映回が売切れると言う勢いで、「アバター」並にいつになったら見れるんだろうと考えていたんですが、土曜日の朝一回目に普通に並んで見ることができました。
劇場規模を拡大したんでしょうか?
助かりました。

前作の「破」は自分含めてほぼ絶賛状態で非常に評価が高かったのですが、本作はかなり評判が今ひとつでした。

観終わってそういう評価になるのは仕方が無いなと思いました。

前作は主人公碇シンジに感情移入できる展開が用意されて、モテモテだったり行動が積極的になったり、ここだという見せ場でちゃんと活躍するという、娯楽作としては完璧な作品だったと思います。
ところが本作は「てめぇ何やってんだよ!あ~ん!?」という展開になるため、そういった娯楽作としての快楽は楽しめない構造になっています。

それではどこを楽しめばいいのかと言うと、やはりこれはもう新劇場版ヱヴァンゲリヲンがどういう物語になっていくかという展開を楽しむしか無い。
ただその展開も「え?」という感じで、伏線の起き方間違えてないっすか?的な部分もいくつかあります。
とは言ってもラストの「シン・エヴァンゲリオン劇場版」での違う展開が待っているかもしれないので言い切れない部分がありますが…。

明らかに主人公に対して意図的に隠し過ぎたり、冷たい態度を取り過ぎる周囲のキャラクターも健在。
展開のためとは言え、ここはテレビ版から不自然に感じた所です。

第一話のエヴァに乗る所から不自然で失敗してる訳ですが、本作でもそのイライラが高まる展開です。
こういうったところはもう少し自然になればなぁと思ったりします。

謎が謎のままなのは不自然なまでに登場人物が説明しないからと言うのは物語を語る行為としてはかなりレベルが低い行為じゃないかと思うのです。
本作を酷評するという訳ではありませんが、テレビ版からの不満の一つです。
その他エヴァという設定も物語も魅力的に感じるのですからそこを頑張って欲しいです。

あと重大な欠点として、本作は途中で大筋の展開が読めてしまう所も…。
1本で描く展開が2本になって薄まったという事なんでしょうかね?

ラスト作ですっきりすればと期待を込めて85点で。
スポンサーサイト

「北のカナリアたち」

道路のタイルの色違いを選んでステップしてる小さい子がいたら前に立ちはだかって歩けなくして、世間が自分野思い通りにならないことを身をもって教育しているガオー島田です。
涙を飲んで教育活動してます!

吉永小百合主演「北のカナリアたち」を観て来ました。

「告白」の湊かなえと言う事で結構期待していたのですが、どうも予告編の感じや脚本が那須真知子って事、さらに東映60周年と言うのがどうにも引っ掛かりちょっと見ないかもって思ってたのですが、他に今ひとつ観に行く映画が無く、時間も合ったので観て来ました。

正直うーーんって感じでした。

原作の問題なのか、脚本の問題なのか、多分ここで感動するんですという盛り上がりのポイントがある訳ですが、どうもそこに至る物語の重ね方に問題がある気がしました。
ある一人に一番感情移入と言うか気に留めるような持って行き方が必要だと思うのですが、そこが薄く感じました。

役者陣は豪華なのにあまり活かされてない役どころなのも気になりました。

事前にこの映画に出てることすら知らなかった仲村トオル・柴田恭兵の方が演技的見せ所が多かったり…。

謎が謎を呼んでと言う展開っぽいんですが、その辺の焦点もボヤけて感じました。
今ひとつ吉永小百合の冒険の意図がつかめなかったり…、と言うか意図的なのにそれが成功していないと言うべきかも。

テンポも今ひとつで、良かったのは撮影とロケと言う感じでしょうか?

阪本順治の映画って今ひとつハネないなーという事を再確認した感じの65点で。
面白くなりそうな題材なのに…。

「悪の教典」

短いスカートの女子高生が駅で階段をしてエレベータに乗ると途端に不機嫌になるガオー島田です。
若いんだから階段使えよ!

伊藤英明主演、三池崇史監督作「悪の教典」を観て来ました。

生徒からも大人気のさわやか教師が実はサイコパスと言う映画です。

ざっくりとした映画かと思っていましたが、原作小説が貴志祐介と言う事で、非常に丁寧な人物描写がされており、特に事件が怒らない冒頭からもぐいぐい面白かったです。
学校の日常の小さなほころび描写が良く描かれていてドキドキワクワクしてしまいました。

役者陣も好演で特に生徒役メインの二階堂ふみの普通っぽさとその普通っぽさゆえの存在感に感心しました。
林遣都も短いショットで特性あるキャラクターが一発でわかって唸りました。

正直伊藤英明自体があまり怖くなくてそこが気になりました。
演技なのか演出なのか脚本なのかはちょっとわかりませんが…
英語教師としての英語の発音(アメリカいたって過去の割には)今ひとつに感じたり。

ちょっと殺し方が雑な所もあったりしましたが、大半は破綻の無い物語運びで引っ掛からず楽しめました。

当たり外れが大きい三池映画ですが、こちらは当たりの方で85点で。

余談ですが…
よく読んでいる某映画感想ブログでラストの生徒殺しのシーンにカタルシスを感じるようになると言うような事が書いてあったんですが、自分は全くそうは感じなかったです。
普通に何とか生き残って欲しいとしか思わなかったですし、そんな生徒たちが因果応報的な描かれ方をしていた訳でも無いと思うんですがね…。
そのブログの人と映画に関しては違う感想が多かったんですが、これで何となく理由がわかった気がします。

「リンカーン / 秘密の書」

昼は女子高生大好き、夜はギャルが大好きの二つの顔を持つ男ガオー島田です。

「ナイト・ウォッチ」「デイ・ウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督作「リンカーン / 秘密の書」を観て来ました。

ロシアからハリウッドに来て「ウォンテッド」に続く監督作と言う事で、やはり本作でもビジュアルの面白さが発揮された映画になっています。

荒筋はリンカーン大統領が実は昼は大統領で夜はヴァンパイアハンターだった!と言う、てめぇ何寝言言ってやがんだい?っていう荒唐無稽なストーリー。
ところがこの原作小説はリンカーン研究者などからも「リンカーンの事を調べて書き上げている」と評価されており、意外にもとんでも的な扱いは受けていないそうです。

ベクマンドフ節とも言える華麗な殺陣もいいですが、ちゃんとアイデアが凝らされたアクションの組立も面白く、なかなか楽しめました。
ただストーリー的には特段面白いと言うよりはかなりありきたりな展開だったように感じます。

史実部分がもちろんあって奴隷解放関係の描写もあるわけですが、その間は吸血鬼ほったらかしなのかい?という感じがどうしても気になりました。

オチはニヤリとしましたがもう少しハネた面白さが欲しかったです。

「ウォンテッド」の方が面白かったような75点

とよはしまちなかスロータウン映画祭「Jさん豪さん掟さん ボーイズトーク3」

知らない家族の歩くスピードに合わせて知らない間に家族の一員みたいにして歩く事が好きなガオー島田です。
お店に人に「だんなさまですか?」と聞かれるまでやろうかと思ってます。

10月28日にとよはしまちなかスロータウン映画祭「Jさん豪さん掟さん ボーイズトーク3」へ行って来ました。

ツイッターではつぶやいたんですがブログに書くの思いっきり忘れてました。

杉作J太郎・吉田豪・掟ポルシェの3名と漫画家の古泉智浩の4人がただしゃべりまくるというこのイベント。
豊橋市の映画祭のイベントなのですが、緩さと下ネタの多さで最高に楽しいイベントでした。

吉田豪からタブー的な芸能ネタが飛び出すのを期待していたんですが、それはそこそこで。
(一つとんでもないネタがありましたが…)

ハロプロネタとAKBネタも少々と言った感じで、基本は下ネタトークと言ってもいいでしょう!
期待していたアイドルネタも少々。
始まる前にアイドル楽曲が流れっぱなしで脳が溶けそうでした。

ちなみに3人の入場曲がNegiccoの「恋するNegicco」で力抜けました…。

14:00から19:00までの長丁場。
写真撮影も飲食も自由と最初から聞いていれば自由にやったんですが…。
(実際会場でビール売ってました…)
途中休憩でお菓子買ってきて食べました。

豊橋市の人がハロプロヲタのような話をしていましたが、そもそも映画祭とも関係ないこのトークイベントを企画できる豊橋市の未来は明るいと思いました。

来年もあればぜひ行きたいと思います。
プロフィール

ガオー島田

Author:ガオー島田
★住所:帰り道高校生にボコられる危険がある所
★趣味:SKEのCDを沢山買って知り合いの小学生にバラまく事
★生年月日:とっさに言われると右と左がわかりません
★身長:心はデカイから大丈夫
★体重:性格は軽いです
★現在ハマっているもの:今出舞さんのわがままボディ

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。